FC2ブログ
2019-10-22 [ Tue ]
 最初の難関レンタカー屋を出発したら、とりあえずまずはコンビニへ。今回は最初にコンビニで滞在中の全食料と水を買って、今日中に翌日の探鳥地である大雪山の中腹辺りまで行っておく計画。
 私は一人旅の場合、あまり食べ物には拘らないので、毎食コンビニでもそこまでストレスは溜まらないのです。

 が、またしても問題が。台湾のコンビニって少なくとも都市部は大体路駐だけど、私は縦列駐車に若干の技術的問題を抱えているため、都市部のコンビニが使えない。
 まぁ普通に考えれば大雪山周辺で探せば良いんだけどもね。その時の私は車だらけの都市部から最速で抜け出したいっていう思いから、とりあえずすぐにナビで探せる場所をってことで、前回行って停まれそうなコンビニがあることを知っている烏来へ行くことに決定。烏来から大雪山に行くのに、来た道を半分近く戻ることになるなんて知らなかったとは言え、ガソリンと時間の無駄でしかないっす。

 烏来に着いたら早速コンビニに行くも、少し遅い時間だからか、おにぎりが数個とパンが数個あるくらい。仕方ないからとりあえずおにぎり全部と食パン、水(2Lと500ML)を購入。コンタクトだとどうしても洗浄ケース洗ったりするのに、水が必要になるので不便と言えば不便ですね。
 そして、ここでレンタカー屋に続き、言葉の壁への2回目の激突。店員さんが中国語で何事か言ってるけど全然分からん。けど、店員さんが悩んだ挙げ句に捻り出すように、「バッグ」と言ってくれたのであぁ袋の要不要を聞いてるのかと理解。
 ちなみにその直後に見かねて通訳に来てくれたお姉さんによると、正確には「有料だけど袋はいりますか?」と聞いてたらしい。なるほど。日本だったらこんだけ買ってたら聞かずに袋に入れちゃうけど、台湾は袋が有料だから、多少多くてもちゃんと聞くのか。納得。ありがとうお姉さん。そして、最初「手ぶらでこんだけ買ってんだから、袋いるって分かるんじゃないかなぁ」とか思ってしまってごめんなさい店員さん。

 とりあえず車に戻っておにぎり×1を食べた後は、せっかくここまで来て、コンビニだけで出発するのもあれなんで、ちょっと散策でもしてみることに。

ラトウチガエル
ラトウチガエル Hylarana latouchii
 たぶん。ここら辺のカエル全然分からんわ。じゃあどの辺なら分かるのかと言われると非常に困るけど。

ムクカジカガエル
ムクカジカガエル Buergeria robusta

バンコロヒキガエル
バンコロヒキガエル Bufo bankorensis
 やっぱり素人にはアズマヒキガエルBufo japonicus formosus との違いが分からんわぁ。

アフリカマイマイ
アフリカマイマイ Achatina fulica
 狭い範囲にそこそこいるから、油断して手とか置くと触りそうで怖い。

アカマダラ1
アカマダラ
 散策開始10分くらいで最初のヘビ発見。まぁこれ以降ほぼほぼ両爬探してないから、これが今回の遠征最初にして最後のヘビなわけだけども。

アカマダラ2
 ラトウチガエルを添えて。というかムカデが脇にいることに写真を見てから気付きました(笑)

 流石にアカマダラくらいは分かるけど、やっぱり身構える。大学出て単身でのフィールドが増えてから、ヘビへの接触に対する慎重さはやたら上がってる。

スウィンホーマイマイ
斯文豪氏大蝸牛 Nesiohelix swinhoei
 林道にでも入ったらもっといっぱいいたんだろうけど今回はこの1個体だけ。

サツマゴキブリ
サツマゴキブリ Opisthoplatia orientalis
 南の方に来た感がする種ではあるけど、江ノ島でも死体見つけたりしてるから、もうどこまで北上してるか分かったもんじゃないね。

 カエル見つけてうだうだやってるのもいいけど、ここから大雪山まで運転な上に、翌日は5時くらいから鳥見の予定なのでほどほどにして移動。今回はあくまで鳥メイン。

 で、移動再開はいいけどどうにもレンタカーが乗りづらい。ドライブレコーダーをレンタルしたらバックミラーに付けるタイプだったんですけど、バックミラーがほぼほぼ塞がれちゃって後ろが全然見えない。おかげで高速で車線変更する度に死ぬんじゃないかと思いました。サイドミラーだけじゃ辛い。

 で、日付が変わる頃にようやく大雪山の麓に到着。今夜は23k地点の駐車場で車中泊予定なので、とりあえずひたすら登る。ちなみに50kまであるので場所としては中間あたり。
 
 上にも書いたけど、翌日は朝早いので今夜はさっさと駐車場に着いて、さっさと寝たいと言う考えのもとに、車を走らせていると目の前をなんかでかいガが横切った。到着予定の時間をとうに過ぎてる身としては一瞬スルーするか迷ったものの、気になっちゃったもんは仕方ないので、少し先に車を停めて先程ガが留まった場所へ歩いて向かう。

 そして、ガを見かけた場所に近付き、そろそろいるかなと思い探し始めると突如犬の鳴き声が。慌てて止まって声のした方を見ると、前回陽明山で散々見かけた「ザ・野犬」みたいな犬が民家の入り口(開いてる)からこっちを見つめてる。

私「…(繋がってる所は見えないけど、脇に鎖が見える…大丈夫そうか?)」

犬:「…………」

私:「…………」

犬:タシタシ(数歩前へ)

私:「‼️!?」

犬:「…………」

私:「…………」

犬:ダッ!(犬走る)

私:ダッ!(私走る)

 くそやばい。付いてると思ってた鎖は、横に転がってただけらしいです。何て悪質なトラップだ。
 こんな手加減?狂犬病予防?なんすかそれ?、みたいな犬に噛まれたらケガ的にも病気的にもシャレにならんと思い、全力で車へ走るもギリギリ間に合いそうにない。このまま最後まで走るべきか、被弾覚悟でやりに行くべきか本気で考えながら走っていると、幸い犬は私が車に着く少し手前で引き返して行きました。

 命の危機をなんとか潜り抜けたとは言え、またどこから犬が出現するか分からないので、すぐに車内に退避。ガは気になるけど流石にガのために命は捨てられないと言うことですぐに出発し、1時頃に駐車場に到着したので、そこで就寝。

結果
1,インドハッカ

 レンタルしたポケットWi-Fi使って、Googleマップ見ながら大雪山まで行ったら、到着時に既に電池が1個になってたのしんどかった。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://vulvulzerzer.blog58.fc2.com/tb.php/326-1d7aef02

 | HOME | 

2019-11

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

TOGU

Author:TOGU
鳥見と糖分摂取を生きがいとするダメ社会人のブログ。

内容は9割方鳥見の記録です(残り1割も生き物ネタ)。

リンクはたいていの場合大歓迎ですが、一応コメントで伝えていただけると嬉しいです。

まぁ、誰も使う人はいないと思われますが一応写真の無断使用無断転載禁止です。
なにか御用の場合はvulpesmustelaアットyahoo.co.jp(アットを@に変えて下さい)まで御連絡下さい。

FC2カウンター

検索フォーム

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30