FC2ブログ
2019-02-28 [ Thu ]
 佐渡島2日目。
 この日はとりあえず朝早くには起きたものの、前回書いた通り、次の予定決めがまだ出来てない。まぁとりあえずトキの写真でも狙いつつなんか探すことにして出発。

 とりあえず道すがらトキの森公園とか寄ってみるけど、屋内で時間を使うのもなんだかなぁという感じなのでさっさと国仲平野まで移動。

トキ看板
 トキの森公園にて発見。そういえば粟島でも見ましたね。粟島にあるんだからそりゃ佐渡には当然あるか。

 国仲平野に着いたので、適当に走ってみる。…うーん。チョウゲンボウFalco tinnunculus interstinctus はやたら飛ぶけど、それ以外はあんまり。

トキ
トキ Nipponia nippon
 いや、まぁトキはそこそこ出てるんだけどもね、それなりの距離があっても奴らめっちゃ逃げるんすよ。結局、2日目はこんな写真ばっか。

 トキのあんまりな逃げっぷりに若干テンション下がって、これからどうしようかなぁ等と考えながら車を走らせていると、やたらハシブトガラスCorvus macrorhynchos japonensis が乱舞してる木を見つけたので、なんとなくその下を通ってみる。すると突然真っ黒で巨大な鳥が上空に出現。
クロハゲワシ1
クロハゲワシ Aegypius monachus
 前日に続いてのあっさり遭遇。もう一瞬でテンションぶち上がります。

クロハゲワシ2
 めっちゃモビングされてる。この写真だと数羽だけど、実際30羽以上にモビング食らってます(笑)

クロハゲワシ3
 このままどっか行っちゃうかと思ったら意外と近くの道路に下りた!しかも、今回は前日と違って天気もいいし、何より周りに誰もいない!もうこれは時間をかけてじっくり接近して、ゆっくり撮りまくるしかない!

 と言うことでまずはじっくり接近戦。と思ったらやっぱり車だとそこまで警戒されないようであっさり接近に成功。いやぁやっぱり車って偉大ですよね。こういう吹きっさらしだと車があるとないとじゃ鳥への近寄りやすさが天と地ですからね。周りに他の鳥屋がいた場合、歩きで近づくと睨まれる場合もあるし。
 しかし、ラッキーとか思いつつ数枚撮った所で、突如後ろから来た撮り屋の車が私の車を追い抜いて、クロハゲワシの脇まで行くと停まってバシャバシャ写真を撮り始めおった。まぁそんな荒っぽい近寄り方されりゃ流石のクロハゲワシもそりゃ飛び立ちますよね。で、クロハゲワシが飛ぶとその大馬鹿は近くで撮れて満足したのか逃したもんで気まずかったのか知らないけど、さっさとどっか行っちゃいました。
 もしも追い抜いたのがクロハゲワシ目的じゃない人なら、脇を通った時にクロハゲワシが飛んじゃっても、「あぁ運が悪かったな」って思うだけだけど、今回のはちょっとないわぁ。別にそういう決まりがあるわけじゃないから強くは言えないけど、人が見つけたのに便乗しといて、第一発見者を追い抜いて鳥に急接近した挙句逃すってちょっとありえないと言うかみっともないですよ。追い抜きはまだしも、鳥の至近距離での停車→逃がすってのは本当にありえない。あの寄り方でイケると思ったんなら今まで鳥見したことないんじゃないかってレベルだと思う。

 まぁ幸いクロハゲワシは遠くには行かずに、またすぐに近くに降りてくれたんだけどさ。周りにいた他の車もクロハゲワシが一旦飛んだ際にいなくなっちゃったので改めて一人で接近。と言うかみんな諦め早いね。船に乗る前に土産でも買いたかったのかな?

クロハゲワシ4
 かっこいい!いやぁ今までハゲワシ系は好きじゃなかったけどこりゃ惚れるわ。特に幼鳥特有の襟巻き状の羽毛が素敵すぎる。

 それにしても2017年から2018年にかけての冬はクロハゲワシが多かったですね。私が知ってるだけでも、佐渡島、屋久島、対馬、松江、諫早、五島ですからね。大フィーバーですね。それぞれの出現時期とかを見てないから何とも言えないけど同一個体もいるのかな?

 クロハゲワシは現在韓国でだいぶ餌付けされてるから、こっちに流れてくる個体も前より増えてくるのかも知れないですね。対馬では2018年の12月にも見つかってるっぽいし。まぁそれにしてもこの時の冬は多過ぎですね。

クロハゲワシ5
 それにしても近いなぁ。気を付けて近付けばそんなすぐに逃げるような鳥じゃないのにね。

クロハゲワシ6
 周りのハシブトガラスがちょくちょくインしてくる。違う。悪いがお前じゃない。

 しばらく見てたらハシブトガラスの嫌がらせが段々激化してきた。

クロハゲワシ7
 翼や尾羽をむしってみたり、

クロハゲワシ8
 頭や背中に蹴り入れてみたり。おかげでクロハゲワシが嫌がって段々離れて行っちゃった。

クロハゲワシ9
 クロハゲワシの方が大きいのに、いじめっ子から逃げて高い所に登ったはいいものの、取り囲まれて降りれなくなっちゃったいじめられっ子って感じにしか見えない。

クロハゲワシ10
 一応威嚇とかしてるけど当然ほぼ効果なし。

クロハゲワシ11
 あぁ飛んじゃった。こうやって並んでるとそれなりに仲良さそうに…見えないな。それまでの状況を知ってるからか、ハシブトガラスから後ろから串刺しにしてやろうくらいの意気込みを感じてしまいます。

 ハシブトガラスの執拗な嫌がらせに屈したクロハゲワシが、前日と同じ場所でいなくなってしまったので私も引き上げることに。まぁレンタカー屋に戻り始める予定だった時間はとっくに過ぎてたのでちょうどいいです。

キジ1
キジ Phasianus colchicus
 帰りに出てきたキジ。時間的に焦ってたから写真適当。

 この後はレンタカー屋に車を返してから、フェリーターミナルで昼飯食べて土産買って終わり。次回があればもうちょっとゆっくりしたいです。サドカケスGarrulus glandarius tokugawae とかサドガエルGlandirana susurra とか探したい。
 というか今回クロハゲワシとトキで頭がいっぱいでサドカケスのことをすっかり忘れてたんですよね。まぁ2日目サドカケスを追って森に入ってたら、クロハゲワシを近くでは見れなかったし、結果的には良かったっちゃあ良かったんだけども。

 佐渡島からフェリーで本土に渡ったら、行きは夜行バスだったけど、帰りは時間の問題でリッチに新幹線。予約の時に日付を間違えてたらしく、前日の券を買ってたために券買い直しで1万円ドブに捨てたりはしたものの、クロハゲワシの興奮が残ってるので割とダメージ少なく遠征を終えることができました。毎回このくらい順調に進むといいんだけどなぁ。
 まぁとか言いつつこの後の1月、2月でやった群馬遠征、山梨遠征、京都・大阪遠征はなかなかにしんどい遠征となったわけですが。

 とりあえず佐渡島遠征に関してはこんなところで。次回からはそこそこぶっ飛ばしながら進む予定です。いつまでも1年以上前の記事とか書き続けるのもどうかと思うし。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://vulvulzerzer.blog58.fc2.com/tb.php/319-43c7e608

 | HOME | 

2019-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

プロフィール

TOGU

Author:TOGU
鳥見と糖分摂取を生きがいとするダメ社会人のブログ。

内容は9割方鳥見の記録です(残り1割も生き物ネタ)。

リンクはたいていの場合大歓迎ですが、一応コメントで伝えていただけると嬉しいです。

まぁ、誰も使う人はいないと思われますが一応写真の無断使用無断転載禁止です。
なにか御用の場合はvulpesmustelaアットyahoo.co.jp(アットを@に変えて下さい)まで御連絡下さい。

FC2カウンター

検索フォーム

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31