FC2ブログ
2019-01-31 [ Thu ]
 お久し振りです。年末の垂れ流しはしたものの普通の記事は1年以上空いちまいました。が、特に言い訳もないので通常営業で行きます(笑)
 2018年の冬くらいまで一気に飛ばそうかとも思ったけど、この記事が書きかけだったのでとりあえずこれを書いて、そこからは飛ばし飛ばし書きたいところだけ書いて行こうと思います。

 2017年12月上旬、ネット上で「佐渡島でクロハゲワシ発見」の情報を発見。
 当時、屋久島にも出現してたものの、流石に佐渡やら屋久やら島はちょっとなーということで最初は敬遠してたのですが、Twitterで先輩の撮った写真を見てそのかっこ良さに「これは…行くっきゃない!」みたいなテンションになってしまい、12月23日、24日に佐渡島へと行ってきました。

 とりあえず行く前にある程度場所を絞っておきたいと思い、ネットで探すとどうやら国仲平野らしい。と言っても国仲平野が具体的にどの辺か良く分からないので、とりあえず行きの船の中で鳥屋を見つけて聞くことにしました。
 ついでにせっかくだからトキについても調べてみる。佐渡島に行くんならそりゃトキも探さないとですよね。なによりクロハゲワシを外した時でも、トキさえいてくれれば、「自分はトキを見に来たんだ!」と自分を慰められる…気がしますから(笑)


 で、当日。23日の朝に新潟のフェリーターミナルに着くとすぐに大きなカメラを持った数名のグループを発見。すぐに話を聞きたかったけど、既に乗船口に並んでて話に行きにくい位置だったので、話は船の中で聞くことに。
 しかし、ここで誤算が。いざフェリーに乗ってみるとカメラを持った人を全然見かけない。どうやら皆さん部屋で休んでるっぽい。そりゃね、いいカメラ持った人は私みたいに雑魚寝部屋とかとらないよね。カメラも心配だし。しかも、ここの航路は海鳥も残念なので甲板にも誰一人出てこない。結局、しばらく甲板で海鳥を探した後は、着いてからの運転に備えて部屋で寝てました。

 到着したらまずは予約しておいたレンタカー屋へ。今回はいつもと違ってレンタカーも宿もある実にまっとうな遠征です。まぁ真冬の佐渡島での車中泊はできれば回避したいですからね。…宿が取れなきゃやるつもりだったけど(笑)
 ついでにレンタカー屋の人に地図を見せて、国仲平野の場所を聞いてみると、「大体この辺」ってことで地図に赤丸を付けてくれたので、とりあえずそこに向かって出発。


ミサゴ Pandion haliaetus
 出発するといきなり黒っぽい猛禽がいたから見てみたらミサゴでした。いや、正直大きさも全然違うし、頭の色も黒くないから違うのは分かってるんですけどね?ついつい期待で(笑)

 ちなみに今回の計画というか目標としては、24日の昼の船で帰るので、23日丸一日と24日の朝ひたすら車で走り回って、多少遠くてもクロハゲワシに逢えれば成功というだいぶざっくりした感じです(笑)
 まぁ流石にあんまり遠すぎたり、チラッと一瞬とかはちょっとあれだけど…。後、出来れば証拠写真くらいは撮りたい。

 とりあえず国仲平野(と思われる辺り)に着いたら、そこからはよくある田んぼをひたすら車で走り続ける流れ。そして、見渡す限りの田んぼに本当に見つかるのかよと始める前から心が折れかかるのもいつもの流れです(笑)


ノスリ Buteo japonicus japonicus
 さっき色合いのせいでミサゴが一瞬クロハゲワシに見えるとか言い訳したけど、やっぱ猛禽ならなんでも見えてくるわ(笑)
 目的の鳥がいる時ってそんなもんですよね(笑)
 

トキ Nipponia nippon
 ニッポニア・ニッポン。今回の旅の第2目標。
 現地の人のブログとかであまり見れないだの、現地民でもあまり見たことがないだのって書かれてるのを散々見たせいで正直厳しいんじゃないかと思ってたけど、田んぼに行くと意外といっぱいいる。まぁそもそも現地の鳥屋じゃない人はまず田んぼを走り回ってトキを探したりしないか。
 でも、地味に警戒心が強い。今では野生下で生まれた世代もいるとは言え、大半の個体は放鳥によって放された個体ということで正直そこそこ人馴れしてんだろとか思ってたら、まぁ思いの外よく逃げる。最初に会ったこの個体だけは多少近かったけど、この後に会った個体は片っ端から距離を置かれてました。見つけた数は結構多いんだけどなぁ。

 とりあえず目標の2種の内の片方、トキを見れたから、後はその後もバンバン出てくるトキを眺めつつ、ひたすらクロハゲワシ探し。
 こっちは前述の通り次の日の帰るギリギリまで粘る覚悟で来てるから、もうここからはクロハゲワシとの根比べ。なので、「出るまでひたすら走り回ってやるぜ!」という意気込みの元に走っていると、少し小高くなってる場所が見えてきたので、とりあえずそこから周りを見渡してみることに。
 で、いざ見渡してみるとすぐに少し離れた田んぼのど真ん中に黒い土の塊みたいなのがあるのを発見。更によく見ると周りに2台ほど車が集まってるのも確認できたので、急いでそこへ向かう。


クロハゲワシ Aegypius monachus
 いた!それも1日目の昼で!
 「2日間本気で走り回ってそれでも見れるかどうか…」、みたいな最初の悲壮感溢れた自分が恥ずかしくなるくらいのスピードでした。
 とりあえず警戒心は車に乗ってる限りは、そこまで強くなさそうだったので車でジリジリ寄ってみる。私はその場に3番目くらいに着いたので、そこそこ近くで見れたけど、更に後から来た人達は中々近寄れなくて大変そうでした。まぁ先に来てた私達がいつまで経ってもどかないせいなんですが…。


 飛んじゃった!まだ全然見足りないので急いで追いかける。


 再発見。そして今回はさっきよりも近い。猛禽への憧れがあんまりない私でも思わず目が離せなくなるかっこよさです。


 普通に止まっててもでかいけど翼を広げると更にでかい。というか後ろから日が当たっててなんか神々しい(笑)



 他の人がいなくなってからもひたすらクロハゲワシを眺めていたら、再び飛び立ち、今度こそ見えなくなってしまったので、諦めてこちらも移動。
 さて、ここで一つ大きな問題が発生。既に述べたように今回の遠征の目的はクロハゲワシとトキであり、更に言うならば、この2種を遠征期間全部使ってなんとか探し出すって言うのが唯一にして最大の目標だったわけです。しかし、その目標2種が1日目昼にして早くも登場。しかもガッツリと。結果、初日にしてやりきった感に満たされてしまったわけです。ぶっちゃけ達成感で何もやる気が起きない(笑)
 とは言えこのまま観光して帰ると言うのも性に合わないので、とりあえずオジロワシHaliaeetus albicilla albicilla でも探してみるかぁと言うオジロワシに対してなんとも失礼な気持ちで探索を再開。

 しかし、そんな無礼な心持ちが災いしたのか、オジロワシ全く出ず(笑)


チョウゲンボウ Falco tinnunculus interstinctus
 チョウゲンボウはいっぱい出るんだけどなぁ。

 結局、オジロワシは見つからず日も落ちてしまったので、そこで1日目は終了して祝勝会ということで寿司屋へ。社会人の経済力を使って回らない方に行こうかとも思ったけど、やっぱり怖いので、100円じゃない回転寿司で妥協。時価怖い。
 まぁそれでも学生時代は、1人で離島に行った時の食事はとりあえず一食に付き食パン1枚か魚肉ソーセージ1本とかだったから、それと比べたらえらい進歩ですわ。

 でも実際、社会人になってからの遠征って、車がデフォだから大体車中泊できるし、食事も何だかんだでいいもん食べてるから、学生の頃の遠征と比べるとなんか物足りなさがあるんですよね。

 学生の頃の遠征はいかに金を削るかとの勝負で、食事は上記の通りで、宿は野宿、車もないから14時間ひたすら徒歩とかそんなんばっかでひたすらしんどかったけど、あの命削ってやってる感じがなんだかんだで好きだったんですよね。それにそういうしんどいやり方をしてたからこその目当ての鳥を見れた時の感動ってのもあったと思うし。今は割とぬるま湯に浸かっちゃった感じ(笑)

 とは言え食事はともかく車の方はあるのに使わないってのも馬鹿らしいので、少なくとも車が壊れるまではひたすら徒歩移動に戻ることはなさそうだけど。

 ほんのちょっとだけ高い回転寿司を食べた後は、本屋行って宿行ってポテトチップス食って終了。なんか1日で目標達成しちゃって正直明日どこら辺回ってみようかって感じになってるけど、そこら辺はもう明日の気分に任せるってことにしちゃいました。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://vulvulzerzer.blog58.fc2.com/tb.php/317-70f99c38

 | HOME | 

2019-09

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

TOGU

Author:TOGU
鳥見と糖分摂取を生きがいとするダメ社会人のブログ。

内容は9割方鳥見の記録です(残り1割も生き物ネタ)。

リンクはたいていの場合大歓迎ですが、一応コメントで伝えていただけると嬉しいです。

まぁ、誰も使う人はいないと思われますが一応写真の無断使用無断転載禁止です。
なにか御用の場合はvulpesmustelaアットyahoo.co.jp(アットを@に変えて下さい)まで御連絡下さい。

FC2カウンター

検索フォーム

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -