上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017-02-28 [ Tue ]
 こんにちは。今回はあまり間を置かずに記事が書けてほっとしています。毎回こうならいいんですけどね。どうにもブログを無性に書きたい時とそうじゃない時の落差が激しくて(笑)

 ここのところ珍鳥狙いが多くて、たまには何の情報もない場所で普通種をゆったり探したいという欲求を抑えきれなくなったので、10月後半に水元公園に行って来ました。
 この頃あたりから自分の鳥屋としての在り方、というか自分が本当に生き物屋なのかってことに疑問が湧いたりしてるので、こういう風に普通の鳥見がしたいと思える自分になんだか安心しました。生き物への関わり方なんてのは自由だけど、やっぱり少数派なんてのはいるわけで、そういう少数派は度々多数派からの無自覚(自覚している場合も多々あり)な蔑みを受けることも多いのです。それをものともしないほど心が強ければ何の問題もないんですけどね。なかなかそうもいかないもんで。まぁでも自分も加害者側に立っているパターンなんて山ほどあるんだろうから、あんまり人のことは言えないですね。

 大きい公園なんでネットで探せば珍鳥じゃなくても探鳥情報とか出てくるんだけど、今回はそういうのが目的じゃないので事前の下調べはなし。

1
ハクセキレイ Motacilla alba lugens
 珍鳥狙いだと時間短縮のためにスルーしがちなド普通種をダラダラ眺めてみる。ハクセキレイはやっぱり警戒心薄め。一応、ある程度近付くと飛ぶんだけど、こっちの進行方向に飛ぶから私がハクセキレイを追い回してるように見えて良くない。

3
アオサギ Ardea cinerea jouyi
 釣り人のバケツにこそこそ近付いてたアオサギ。釣り人が視線を向けると、止まって興味ないですよと言う雰囲気を出しつつ、その辺をウロウロしてました。まぁ最終的には普通に近付いて釣り人から魚もらってたけど。

4
 林に入ったら木の上からなんかぶら下がってた。幼虫の類は知識もなければ興味もほとんどないから分からないけど、クロオビシロフタオOroplema plagifera かなんかですかね?

 林の中を歩いているとカラ類の声がしたので追ってみるとシジュウカラParus minor minor 、ヤマガラPoecile varius varius 、メジロZosterops japonicus japonicus 、エナガの混群に遭遇。眺めてるとなんだか違和感のあるエナガが。
5
エナガ Aegithalos caudatus trivirgatus
 眉斑がなくてなんだか亜種シマエナガA. c. japonicus みたいな個体。最初見た時は思わずシマエナガかと思ったけど、よく見るとうっすらとだけど黒い眉斑があるのでやっぱりシマエナガではないっぽい。
 そういえば前に書いたか書いてないか覚えてないんだけど、亜種シマエナガってIOCだと亜種コウライシマエナガA. c. caudatus のシノニム扱いなんですけど、Wikipedia見たらそっちでもシノニム扱いになってて驚きました。そのおかげか亜種シマエナガを亜種コウライシマエナガのシノニム扱いしてるサイトが出てくる出てくる。私としては形態的にある程度差があるみたいな報告書を見つけたのでとりあえず今回の学名はジャポニクスで書いてるけど、詳しく書いた論文なんかはまだ見つけられてないので、探していくと共にシノニムとして書いてる方々にその理由を是非詳しくご教示頂きたいところです。

9
オオタカ Accipiter gentilis fujiyamae
 数人の鳥屋が何かを待ってるので、近寄ってみるとオオタカがよく出るらしい。ここ最近オオタカを見てないので一緒になって待ってると割とすぐに出てくれました。まぁ私のカメラには少々遠いけど…。

6
ヒメクダマキモドキ Phaulula macilenta
 サトクダマキモドキHolochlora japonica と似てるけどたぶん。翅脈に違いがあるようです。

7
ヒドリガモ Anas penelope
 すぐ脇のカワセミの里にはそこそこ人がいるのに、まったく見向きもされない。まぁ鳥的には見向きもされない方がありがたいんだろうけど。

8
カワセミ Alcedo atthis bengalensis
 最後にカワセミの里でちょろっとカワセミを見て終わり。

 というか人が少ないっていいですね。珍鳥は人だらけなので。私もその中の一人ですが。別に見たこともない鳥を見てみたいって気持ちを持っている人なんてのは山ほどいるので、まぁその辺は割り切って行かないとやっていけない所です。それを割り切れない一部の人達が「ネットで情報見て来る奴ら何なの」とか「ネット情報探し回ってる奴らは害悪」とか言い出すわけです。

 どうも一部の鳥屋の間には「ネットで情報を得るのは悪」みたいな考えを持ってる人がいるみたいだけど、それを言ってる人達の大半は知人とかから情報をもらって珍鳥見に行ってるわけです。この、「知人から聞くのは良いけど、ネットで探すのは悪」とか「知り合い連中に回すのは良いけど、ネットに載せるのは悪」みたいな風潮なんなんでしょうね。ぼっち排除の一環でしょうかね。
 積極的に広めようとは言わないけど、結局知り合いに広めれば、今度はその知り合いが他の人に広めてネズミ講で増えるんだからやってることは五十歩百歩以外の何物でもないわけですよ。せめて第一発見者の場合を除いて、一切珍鳥は追わないって決めてから言って欲しいです。そうすれば自分が従うかはともかく、立派な鳥屋の意見として素直に受け止められるんですけどね。


結果
1,カルガモ 2,ヒドリガモ 3,ホシハジロ 4,キンクロハジロ 5,カイツブリ 6,ハジロカイツブリ 7,ドバト 8,キジバト 9,カワウ 10,アオサギ 11,チュウダイサギ 12,オオバン 13,ユリカモメ 14,オオタカ 15,カワセミ 16,コゲラ 17,モズ 18,オナガ 19,ハシボソガラス 20,ハシブトガラス 21,ヤマガラ 22,シジュウカラ 23,ヒヨドリ 24,エナガ 25,ムクドリ 26,スズメ 27,ハクセキレイ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://vulvulzerzer.blog58.fc2.com/tb.php/307-d6c83225

 | HOME | 

2017-05

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

黒ねこ時計 くろック D04

プロフィール

TOGU

Author:TOGU
鳥見と糖分摂取を生きがいとするダメ社会人のブログ。

内容は9割方鳥見の記録です(残り1割も生き物ネタ)。

リンクはたいていの場合大歓迎ですが、一応コメントで伝えていただけると嬉しいです。

まぁ、誰も使う人はいないと思われますが一応写真の無断使用無断転載禁止です。
なにか御用の場合はvulpesmustelaアットyahoo.co.jp(アットを@に変えて下さい)まで御連絡下さい。

FC2カウンター

検索フォーム

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。