上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-10-31 [ Thu ]
この日は朝からビーチコーミングをしに臼谷海水浴場へ。

とりあえずぶらっと歩いてみるけど鳥はそこまで状態の良くないウミネコが1羽落ちてたくらい。まぁそれでも持って帰ったけど(笑)

何もねぇなぁとか思いつつ歩いてると先を進んでた後輩がなんか引きずって戻って来た。

鯨類1
カマイルカ Lagenorhynchus obliquidens
うおぅ。中々グロいですね。そして、見た目のグロさ以上に臭いがえげつない。

鯨類2

更にこんなのも出て来た。
鰭脚類1
キタオットセイ Callorhinus ursinus

鰭脚類2

ハシブトガラス1
ハシブトガラス Corvus macrorhynchos japonensis
後輩が上の2つの死体から頭骨を取りたいとか言いだして解剖タイムに突入してしまったので私は時間潰しにハシブトガラス撮って遊んでみる。

ハシブトガラス2
近い。
ちなみに沖の方をスコープで見たらキンクロハジロとかウトウとかいたけどいかんせん遠過ぎて写真はなんとも…。ちなみにこの2種以外にも何かいましたが遠過ぎて識別はちょっと…って感じでした。

後輩の作業が終わったら午後からはいつも通りネズミ捕獲のために山へ。

キバネセセリ2
キバネセセリ Bibasis aquilina

キバネセセリ1
正面顔かっこいい。

エゾチッチゼミ
エゾチッチゼミ Kosemia yezoensis
かなぁ…。チッチゼミとの識別が…。最初から識別点を知ってれば大きさとか鳴き声で識別出来たんだろうけど最初から知ってるわけもないので当然のように写真見て識別なわけですが難しい…。中脈と肘脈の基部が癒合とか簡単に言われても素人には分からんのですよ。まぁ分布的にチッチゼミは北海道では南部にいる種らしいのでこの個体を見つけた増毛あたりならエゾチッチゼミの方なんじゃないかなぁと。
これでどっちでもなかったら笑えるけど(笑)

鳥は…まぁアオバトが頻繁に飛び交ってたくらい。でもアオバト見る時っていつも大磯だから山の中で見るのは新鮮でした。

結果
1,アヒル 2,キンクロハジロ 3,キジバト 4,アオバト 5,ウミウ 6,アオサギ 7,ウミネコ 8,オオセグロカモメ 9,ウトウ 10,ハシブトガラス 11,ハクセキレイ 12,カワラヒワ 13,ホオジロ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://vulvulzerzer.blog58.fc2.com/tb.php/264-e0200120

 | HOME | 

2017-05

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

黒ねこ時計 くろック D04

プロフィール

TOGU

Author:TOGU
鳥見と糖分摂取を生きがいとするダメ社会人のブログ。

内容は9割方鳥見の記録です(残り1割も生き物ネタ)。

リンクはたいていの場合大歓迎ですが、一応コメントで伝えていただけると嬉しいです。

まぁ、誰も使う人はいないと思われますが一応写真の無断使用無断転載禁止です。
なにか御用の場合はvulpesmustelaアットyahoo.co.jp(アットを@に変えて下さい)まで御連絡下さい。

FC2カウンター

検索フォーム

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。