上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-05-31 [ Fri ]
4日目。

前回釜谷に行ってろくな目にあわなかったので今日からはひたすら学校周辺の畑→鳥崎周辺の畑の流れで行くことに決めました。
というかこの日も雨。降ったり止んだりがやたら激しくてしんどかったです。しかも降った時の雨の勢いがやたら強い…。

まずはグラウンド。
相変わらずアトリ、カワラヒワ、マヒワあたりがたくさんいたけど今日はその中にヤツガシラが混ざってました。
ヤツガシラ
ヤツガシラ Upupa epops
ヤツガシラは警戒心の強い個体と弱い個体の2羽入っててこっちは強い方。弱い方はそもそも会ってません。

ヤツガシラはすぐにいなくなってしまったので周辺の畑巡り。

ツバメ1
ツバメ Hirundo rustica gutturalis
この場所は障害物で風が避けやすくてその上飛び立ちやすいためかツバメがしょっちゅう留まってました。

タカブシギ
タカブシギ Tringa glareola
クサシギとタシギと一緒に畑の中の水路でずっとうろうろしてたタカブシギ。

クサシギ
クサシギ Tringa ochropus
前日の朝にオオキアシシギTringa melanoleucaかもしれない鳥を見たと言う人がいたけど実はこのクサシギだったんじゃないかとの噂が後から流れてました。実際にオオキアシシギだったかはともかく流石にクサシギと間違えたってことはないんじゃないかと思いますがまぁ見てないんで何とも言えないですね。

タイワンハクセキレイ2
タイワンハクセキレイ Motacilla alba ocularis
背中がべったりと灰色。亜種ハクセキレイの雌も似たような感じになるけどあっちはもう少し黒味が入る感じ。
この後亜種ホオジロハクセキレイMotacilla alba leucopsisも出て来ました。

それなりに歩き回ったのでそろそろ鳥崎へ移動。

キビタキ
キビタキ Ficedula narcissina narcissina
キビタキはどの個体も警戒心が薄くこっちが止まってるとどこまでも近寄ってくる。
キビタキもオオルリもだけどなんか雄がやたら多くて雌は雄に比べてほとんど見かけませんでした。

ルリビタキ
ルリビタキ Tarsiger cyanurus
ルリビタキ馬鹿みたいに多い。

鳥崎に向かってる最中もひたすら雨が降ったり止んだりですごい鬱陶しい。
でも晴れてる時にイワツバメの集団に遭遇しその中にニシイワツバメDelichon urbicum lagopodumを発見。ちなみにこの数日後に粟島でニシイワツバメの落鳥個体が見つかったそうですがまさかこの個体でしょうかね…?

タイワンハクセキレイ1
こっちにもいた。

ハチジョウツグミ
ハチジョウツグミ Turdus naumanni
畑に入ったらすぐにハチジョウツグミがいた。本当は初見はもうちょっと赤の強い個体が良かったんですけどね。
この個体は4つの畑をうろうろしてて人が近付くとたいてい1→2→3→4→1→2→…って感じでぐるぐるループしてました。

ハチジョウツグミを見ていくつか畑を回ってたらどんどん雨が止んでから降るまでの間隔が短くなってきた上に勢いも更に強くなってきたので再び小学校近くの畑へ。こっちなら雨を避けられる場所が多いからね。

ツバメ2
ボテッ。なかなか逃げなくて頑張れば捕まえられそう。ちなみにここでツバメ見てる時にまた雨が降ってきて傘を差したら強風で一瞬でぶっ壊れました(笑)

キタツメナガセキレイ
キタツメナガセキレイ Motacilla flava macronyx
この個体は片側から見ると少し眉斑が見えるのに反対側から見ると見えないという何とも面倒な個体。周りの人は片側しか見ずに亜種シベリアツメナガセキレイMotacilla flava plexaということで納得してたけど私はそこまで楽天的にはなれないのでお家に帰ってからネットで調べたり色んな人に聞いてみた結果どうやら亜種キタツメナガセキレイの眉斑は割と個体差があるらしくこの程度なら亜種キタツメナガセキレイの個体差の範疇っぽい感じ。
今回色々調べてて知ったんだけどツメナガセキレイの学名ってIOCと日本で結構違うんですね。亜種カオジロツメナガセキレイ以外の4亜種はどれも違って亜種キタツメナガセキレイはIOCだとMotacilla tschutschensis macronyxのシノニム扱い。このブログは今の所そこら辺の分類関連の差異はIOCか日本のどっちかに完璧に沿うわけじゃなくどっちも混じった感じになってるけどその内どちらかに沿った方がいいんですかね。まぁ沿うとしたらIOCなんだろうけど。

雨がまた強くなってきたので温泉入って終了。

結果
1,カルガモ 2,キジバト 3,ウミウ 4,タシギ 5,クサシギ 6,タカブシギ 7,ウミネコ 8,トビ 9,ヤツガシラ 10,ハシボソガラス 11,ハシブトガラス 12,ヒガラ 13,ツバメ 14,コシアカツバメ 15,ニシイワツバメ 16,イワツバメ 17,ヒヨドリ 18,クロツグミ 19,シロハラ 20,アカハラ 21,ハチジョウツグミ 22,ツグミ 23,ルリビタキ 24,ジョウビタキ 25,ノビタキ 26,キビタキ 27,スズメ 28,キタツメナガセキレイ 29,ハクセキレイ タイワンハクセキレイ ホオジロハクセキレイ 30,タヒバリ 31,アトリ 32,カワラヒワ 33,マヒワ 34,ホオジロ 35,カシラダカ 36,アオジ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://vulvulzerzer.blog58.fc2.com/tb.php/251-378246d8

 | HOME | 

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

黒ねこ時計 くろック D04

プロフィール

TOGU

Author:TOGU
鳥見と糖分摂取を生きがいとするダメ社会人のブログ。

内容は9割方鳥見の記録です(残り1割も生き物ネタ)。

リンクはたいていの場合大歓迎ですが、一応コメントで伝えていただけると嬉しいです。

まぁ、誰も使う人はいないと思われますが一応写真の無断使用無断転載禁止です。
なにか御用の場合はvulpesmustelaアットyahoo.co.jp(アットを@に変えて下さい)まで御連絡下さい。

FC2カウンター

検索フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。