上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-05-15 [ Sun ]
予告通り3日目は写真が多いので日中と夜に分けます。

朝は4時に起床したけど宿の人に出るって言わなきゃいけないので6時ごろまでうだうだ。この宿は1泊だけなので黙って出るわけにもいかんのです。
こういう所が宿のめんどくさい所です。

民宿メグロ朝食
でも素泊まりなのに朝御飯もらえたからまぁいいや。

チュウシャクシギ
チュウシャクシギ Numenius phaeopus
最終日以外毎日いたチュウシャクシギ。

この日は乳房山に登る予定だったけどまずは評議平グラウンドへ。

オガサワラヒヨドリ
オガサワラヒヨドリ Hypsipetes amaurotis squameiceps
黒い。
ヒヨドリとウグイスはやたら鳴いてる。

ツバメチドリ
ツバメチドリ Glareola maldivarum
朝早いにも関わらずグラウンド使用者がいて入りにくかったので金網越しに観察。逆に怪しい(笑)
飛翔も見せてくれたけど翼長いし外側尾羽白いしかっこいいです。

評議平を見終わったら乳房山に行くために再び集落へ。

カツオドリ1
カツオドリ Sula leucogaster plotus
港を見るとカツオドリが飛んでる。さすが母島。

カツオドリ2
狩り成功。ピント合ってないけど。

イエネコ
イエネコ Felis catus
観光協会にネコを見つけたら書き込んで下さいって紙が置いてあるけどたくさんいすぎて書く気になりません。

ニワトリ
なぜか集落内を徘徊してるニワトリ。

7時30分頃に乳房山の入り口に到着。
さぁ登ろうと思ったら、
アフリカマイマイ
アフリカマイマイ Achatina fulica
ここなんか密度がやたら高い気がする。

オオヒキガエル
オオヒキガエル Bufo marinus
アフリカマイマイ見てたら脇にちっさいオオヒキガエルがいた。

ウスカワマイマイ
ウスカワマイマイ Acusta despecta sieboldiana
ウスカワマイマイもどこでもいっぱいいる。

結局この3種のおかげで入り口で30分以上もうだうだすることになり登り始めたのは8時過ぎ。

で、登り始めて思ったことはとりあえずハハジマメグロが多い。しかも近い。初見は距離1mでした。
でも奴らはいやらしくてすぐ寄ってくるのにカメラを構えるとすぐ逃げます。そして、ギリギリピントを合わせることのできない絶妙のタイミングでちょこちょこ動きます。

ハハジマメグロ2
ハハジマメグロ Apalopteron familiare hahasima
おかげで会う機会も観察する機会もいくらでもあるのにまともな写真はほとんどなし。

しばらく歩いていると階段があってそこを歩くと横や前からがさがさという音が大量に。

オガサワラトカゲ1
オガサワラトカゲ Cryptoblepharus nigropunctatus
山ほどいます。とりあえず石やらコンクリートのある場所には大体います。なくてもいるけど。

オガサワラトカゲ2
逃げられても少し待つとうじゃうじゃ出てくる。

オガサワラトカゲ3
木の上にも。

グリーンアノール5

グリーンアノール Anolis carolinensis
ちなみにグリーンアノールも大量にいます。
緑の個体。

グリーンアノール4
茶色の個体。

グリーンアノール6
緑と茶色の混ざった個体。

ササゴイ
ササゴイ Butorides striatus amurensis
ダムにいたササゴイ。実は初見なんです。母島で初見を迎える鳥じゃねぇ(笑)

ハハジマメグロ1
明るい所にはあんまり出てきてくれない感じ。

ハシナガウグイス
ハシナガウグイス Cettia diphone diphone
後ろ向かれた。てか基亜種なんだ。この記事書いてて初めて知った…。

乳房山1
山頂に近付くと所々開けた場所があるのでオガサワラノスリを探してみるけど霧がすごくて全然見つからない…。
一応霧が少し晴れた瞬間に1羽だけ見つけたけどすぐに霧の中に消えてしまいました。

山頂に着いたらそこで偶然会った人と1時間くらい世間話。

グリーンアノール2
この場所は特にグリーンアノールが多かった気がします。

グリーンアノール1
日なたで頭を上下にかくかく振ってるのをよく見かけました。

グリーンアノール3

休憩した後は下山。

普通に歩いたら3時間くらいのコースらしいけどひたすらアカガシラカラスバトを探しながら歩いてたせいで9時間以上かかった…。でも出ない…。

下山したら集落の売店で晩御飯を購入して海岸でボーっとすることに。
海で遊んでた子供達の1人に「なんでボーっとしてるの?」と聞かれてニートな気分になってげんなりしたりしましたがまぁこっちもいろいろと事情があるので仕方ないです。

ネムリブカ
ネムリブカ Triaenodon obesus
リアルで海面からサメの背びれだけ出てるの初めて見ました。

暗くなってからは両爬探しをしましたがそれはまた次回。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://vulvulzerzer.blog58.fc2.com/tb.php/191-bd7c8c02

 | HOME | 

2017-05

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

黒ねこ時計 くろック D04

プロフィール

TOGU

Author:TOGU
鳥見と糖分摂取を生きがいとするダメ社会人のブログ。

内容は9割方鳥見の記録です(残り1割も生き物ネタ)。

リンクはたいていの場合大歓迎ですが、一応コメントで伝えていただけると嬉しいです。

まぁ、誰も使う人はいないと思われますが一応写真の無断使用無断転載禁止です。
なにか御用の場合はvulpesmustelaアットyahoo.co.jp(アットを@に変えて下さい)まで御連絡下さい。

FC2カウンター

検索フォーム

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。