上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-12-21 [ Tue ]
2日目。2日目は写真をほとんど撮ってないのでさっさと終わらせます。

この日は雁行を見るために朝04時30分起床で05時30分には沼へ。
沼の近くに行くと既に大音量でガンの声が。でも暗くてまだ見えないのでクソ寒い中しばし待機。

で、30分ほど待つとだんだん見えてきた。

マガン1
マガン Anser albifrons frontalis
うじゃうじゃしてる。

ちゃんと写真を撮ろうかとも思ったけど、私にはハクガンを探すという重要な目的があったので写真は諦めて双眼鏡で片っ端からガンを見る作業に移行。

しばらく探していると突然双眼鏡に白いものが飛び込んできて近くに着水。ハクガン!!と思ったが咄嗟のことで飛翔時に初列風切が見れなかったので不安になりながらも見てみると、やっぱりハクガンでした。嘴は遠すぎて見えなかったけど泳いでても初列風切の黒が目立ってる。

私は偉いので(笑)後輩全員にスコープでハクガンを見せてあげました。
さて、ハクガンを見つけたら次にやらなきゃいけないのは亜種の同定。情報だと今年の伊豆沼に来てるのは亜種オオハクガンかもしれないとのことなのでやらないわけにはいかんのです。
嘴はさっきも言ったとおり見えないので、適当に近くにいるマガンとサイズを比較してみる。まぁ確かにでかい気はする。でも先入観とかがあるので自分の目がどうにも信用ならない(笑)
なので後輩達にも確認してもらったらみんな大きいんじゃないかと言ってました。なので、まぁオオハクガンで通してみようと思います。
で、写真を撮ってないと気付いてカメラを構えた時には既に飛んでた…どうせ遠くて無理だろうし飛んだおかげで飛翔時の黒い初列風切を拝めたのでまぁいいか…。

emykkさん以外の人は早々に飽きてオナガガモと戯れだしたので2人でひたすらシジュウカラガンとカリガネ探し。
でも寒さがとんでもないのでそんなに長くは探せませんでした。双眼鏡見てると手が震えてきて、仕方ないのでスコープを覗くと今度は足が震えてくるっていうね。

凍え死ぬのも嫌なので宿に帰って朝御飯。

朝御飯の後は出発までの時間を使ってコゲラ、シメ、アカゲラ探し。出発まで10分くらいしかなかったけど後輩がこの3種を見たっていう神社へ。

コゲラ
コゲラ Dendrocopos kizuki seebohmi
いたいた。コゲラの赤斑はやっぱり見るのはなかなか難しいね。

シメもいたけどアカゲラは見れませんでした。でも時間がないのでさっさと諦めて蕪栗沼へ。

タクシーも考えたけど人数的に2台になってしまうので瀬峰から徒歩で移動。まぁ6.9kmなんて今更大した距離じゃないです。

カケス
カケス Garrulus glandarius japonicus
枝かぶりで光も悪いっていう最悪な条件。

道中、アオジ、ベニマシコ、ヒガラ、キクイタダキなどまだ出してない種を出しながら蕪栗沼へ。特にキクイタダキは初見なので嬉しかったです。

マガン2
マガンの群を見つける度にシジュウカラガンとカリガネを探すも出ず。

マガン3
シルエット。

蕪栗沼に到着したので適当に眺めてみると猛禽がトビくらいしかいない。前日に後輩の1人に「蕪栗沼の方が猛禽いっぱいいるよ」とか言ってしまったのでこれはまずいと思い慌ててスコープで猛禽探し(笑)
で、10秒でオジロワシ発見。双眼鏡じゃ同定できないくらいめちゃくちゃ遠いけどまぁオジロワシには違いないのでみんなに見せてあげました。
本心を言えばオジロワシは2月の北海道で初見を迎えたかったので全然出す気はなかった…というか出したくなかったんだけどまぁ後輩が見たいと言うなら仕方ないですね。

その後はのんびりカモを見てたらemykkさん以外の後輩は帰りのバスが16時とかだったのでもう駅に戻らなくてはいけない時間に。まだオオヒシクイの場所に着いてなかったのでとりあえず場所だけ教えて先に行ってもらいました。

で、私とemykkさんはゆっくりとカモ見たり小鳥探したりしながらオオヒシクイの場所へ。
オオヒシクイは去年は大量にいたのですが今年はオオハクチョウに場所を奪われたのか去年よりだいぶ少なくなってました。
そして、ここで重要なことに気付く。先に帰った3人がスコープ1個持ってんじゃん。というわけで電話で呼ぼうかと思ったら蕪栗沼から出て帰路を小走りで去っていく3人の姿が。はぁ…。

仕方ないので蕪栗沼を出てからは1つのスコープでカリガネ探し。

マガン4

マガン5
マガンはいっぱいいるのにカリガネはいない…。emykkさんがだいぶ見たがってたので出してあげたかったのですがさすがに2年連続でカリガネを出せるほどの運は私にはなかったようです。

で、諦めて駅へ。そこから仙台に行きファミレスで5時間くらい時間を潰そうとして残り30分で追い出されたり、コンビニで立ち読みしたりして00時前にバスに乗車。あとは疲れきっていたのでひたすら寝てました。

これで今年の伊豆沼は終了。

結局出したかったシジュウカラガンとコチョウゲンボウ出なかった…。あと、カリガネが地味に罪悪感でかいです。自分は去年既に見てるってのもなんか申し訳ない気分になってくる…。後輩が見たがってる鳥くらい見せてあげられるようになりたいなぁ…まぁ見たい鳥は自分で出した方がいいし運もあるから仕方ないと言えば仕方ないのですがそれでもね…。

結果
伊豆沼
1,カイツブリ 2,マガン 3,オオハクガン 4,オオハクチョウ 5,オナガガモ 6,キンクロハジロ 7,コゲラ 8,ツグミ 9,シジュウカラ 10,シメ 11,ハシボソガラス

蕪栗沼
1,カワウ 2,チュウダイサギ 3,アオサギ 4,マガン 5,ヒシクイ オオヒシクイ 6,オオハクチョウ 7,マガモ 8,カルガモ 9,コガモ 10,オカヨシガモ 11,ヒドリガモ 12,オナガガモ 13,ハシビロガモ 14,ミコアイサ 15,カワアイサ 16,ミサゴ 17,トビ 18,オジロワシ 19,ノスリ 20,チョウゲンボウ 21,イソシギ 22,キジバト 23,ハクセキレイ 24,タヒバリ 25,ヒヨドリ 26,モズ 27,ツグミ 28,キクイタダキ 29,エナガ 30,ヒガラ 31,ヤマガラ 32,シジュウカラ 33,ホオジロ 34,アオジ 35,ベニマシコ 36,スズメ 37,ムクドリ 38,カケス 39,ハシボソガラス 40,ハシブトガラス

1,2日目総合結果
1,カイツブリ 2,カンムリカイツブリ 3,カワウ 4,チュウダイサギ 5,アオサギ 6,マガン 7,ヒシクイ オオヒシクイ 8,オオハクガン 9,オオハクチョウ 10,コハクチョウ 11,マガモ 12,カルガモ 13,コガモ 14,オカヨシガモ 15,ヒドリガモ 16,オナガガモ 17,ハシビロガモ 18,ホシハジロ 19,キンクロハジロ 20,ミコアイサ 21,カワアイサ 22,ミサゴ 23,トビ 24,オジロワシ 25,オオタカ 26,ノスリ 27,チュウヒ 28,ハヤブサ 29,チョウゲンボウ 30,キジ 31,オオバン 32,タゲリ 33,イソシギ 34,タシギ 35,キジバト 36,ドバト 37,アオゲラ 38,コゲラ 39,ハクセキレイ 40,セグロセキレイ 41,タヒバリ 42,ヒヨドリ 43,モズ 44,ジョウビタキ 45,ツグミ 46,キクイタダキ 47,エナガ 48,ヒガラ 49,ヤマガラ 50,シジュウカラ 51,ホオジロ 52カシラダカ 53,アオジ 54,オオジュリン 55,ベニマシコ 56,シメ 57,スズメ 58,ムクドリ 59,カケス 60,ハシボソガラス 61,ハシブトガラス

観察種61種62亜種初見3種3亜種
去年は3日で47種だったからちょっときついかもと思ってたけど意外と出るもんですね。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://vulvulzerzer.blog58.fc2.com/tb.php/155-1a77d90a

 | HOME | 

2017-05

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

黒ねこ時計 くろック D04

プロフィール

TOGU

Author:TOGU
鳥見と糖分摂取を生きがいとするダメ社会人のブログ。

内容は9割方鳥見の記録です(残り1割も生き物ネタ)。

リンクはたいていの場合大歓迎ですが、一応コメントで伝えていただけると嬉しいです。

まぁ、誰も使う人はいないと思われますが一応写真の無断使用無断転載禁止です。
なにか御用の場合はvulpesmustelaアットyahoo.co.jp(アットを@に変えて下さい)まで御連絡下さい。

FC2カウンター

検索フォーム

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。