上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-12-16 [ Thu ]
冬の遠征1発目として1泊2日で伊豆沼に行ってきました。

メンバーはリンク先のemykkさんとその他後輩達3人。1人だった去年とはえらい違いだ(笑)

現地集合で8時20分頃に新田駅に全員集合。

まずは、近くの池にたむろしてるオナガガモとオオハクチョウに挨拶しておきます。

オナガガモ1
オナガガモ Anas acuta acuta
嘴の青、黒、青がかっこよいです。前は青の部分は光の加減で青く光って見えてるもんだと思ってました(笑)

オオハクチョウ3
オオハクチョウ Cygnus cygnus
1年ぶりに会うと流石に多少は感動します。

オナガガモ2
雌。

オオハクチョウ2

キンクロハジロ
キンクロハジロ Aythya fuligula
なんか眠そう。

オナガガモ4
翼鏡はこの写真だと赤紫になってるけど、本当は緑。翼鏡の後縁は雌雄共に白ですが、前縁は雄だとオレンジ、雌だと黄白色になります。
どうしてもこのオレンジの部分の写真が撮りたかったので撮れてよかった。

オナガガモ5
うじゃうじゃ。

お遊びはこれくらいでここからは真面目に鳥探し。今回の目標の1つに2日間で60種以上というのがあるので普通種も本気で探します。

エナガ
エナガ Aegithalos caudatus trivirgatus
かわゆい。最近、自分の中でエナガの株が急上昇中だったりします。飛んでると外側尾羽の外弁の白と内側尾羽の黒が目立って綺麗すぎる。

今年は去年と同じ失敗はせずにちゃんと右回りでガン探し開始。

オオハクチョウ1
新田駅を出発して1時間で私は既にオオハクチョウに完全に飽きてます(笑)

最初、ガンがいなくて焦ったけど1つの群を見つけたらその後はどんどん集まってきた。

マガン2
マガン Anser albifrons frontalis
ハクガンやシジュウカラガンはいなければすぐに分かるけどカリガネはいちいち確認しないといけないから時間がかかる。

ガンがどんどん増えて仕方ないので二手に分かれることにしました。と言っても私1人と他の4人という分かれ方なのでまぁ私が単独行動に走った感じ。

二手に分かれた後は更に念入りに探すのですが…
マガン1
どんどん増えて…

マガン3
どんどん飛ぶ。観察が追いつかん!!でもまぁカリガネはいなかったっぽいです。

一息ついてもう1つのグループの方を見てみたら、そっちは更に2グループに分かれてた。そして、フィールドスコープ持ってる方のグループがなぜか私と同じ群を見てる。分かれた意味ねぇー。

夢中でガンを追ってたらいつの間にか3時間くらい経過してたので珍ガン探しはとりあえず諦めて池を一周。

カンムリカイツブリ
カンムリカイツブリ Podiceps cristatus cristatus
カンムリカイツブリも久しぶり。

ミコアイサとかカワアイサもいましたが遠くて写真は厳しいし、ここでは割と大量にいるので特に相手にはしません。

emykkさんがホオジロ科の識別をやってるのを眺めてると後ろから猛禽が出たとの声が。

だいぶ遠いのでとりあえずスコープで見てみると、最初は背中が赤く見えてチョウゲンボウかと思ったけどよく見ると背中は青っぽい。で、腹は褐色。コチョウゲンボウ!?初見か!!などと思い、emykkさんと猛禽好きの後輩と近くに行って見ることに。
完全に同定する前に逃がさないようにちょっと近づいてはスコープで見るというのを繰り返していたんですが、途中でコチョウゲンボウにしてはおかしいことに気付く。頬の黒斑…目立ちすぎじゃね?

この時点で初見じゃないことが分かったのでちょっと大胆に進んでみる。

ハヤブサ
ハヤブサ Falco peregrinus japonensis
ハヤブサ幼鳥でした。
幼鳥は脇の斑がかっこよくて好きです。ハート形。

ここまでで時間をかけすぎたので全力で鳥を探しつつ急いで移動。

アオゲラ
アオゲラ Picus awokera awokera
雌。emykkさんが見つけてくれました。あんまり動かなかったけどそういう時に限ってとんでもなく逆光。まぁしっかり見たかった赤い顎線が見れたので良しとします。

ハクガンやシジュウカラガンの情報でももらおうと伊豆沼・内沼サンクチュアリセンターに行ってみたけど、大した情報もなさそうなのでさっさと退散。後輩2人はまだいたそうだったので旅館への集合時間を伝えてここでお別れ。
ここからは私とemykkさんと猛禽好きの後輩の3人で鳥探し。

とりあえずの目標はコハクチョウとベニマシコということで探すけどどっちも出ない。

全然出ないでなんとなくだれてきたので適当に遠くで孤立してるハクチョウを見繕って「ほらほら、ああいう孤立してるのとか怪しいんじゃない?」とか言ってみる。

コハクチョウ
コハクチョウ Cygnus columbianus jankowskyi
大正解(笑)
まさか、適当に言ったのに当たるとは…自分が一番驚いてました。

まだ内沼の手前にも関わらず、日ががんがん傾いていくので足早に進む。

ノスリ
ノスリ Buteo buteo japonicus
脛羽に横斑がないから雌ですかね。雄でもないのはいないこともないんだろうけど。

内沼に着いた瞬間に雨が降り出したのでとりあえず築館サンクチュアリセンターに避難。
とりあえずどうやって帰ろうか話し合うもまぁ結局は走ろうということになり外に出たら雨がだいぶ弱くなっててすぐに止んだので普通に歩いて帰る。せっかくだからベニマシコを探したかったけど4時ごろには真っ暗になって鳥を探せる状態じゃなくなってしまったので急いで宿へ。

宿に着いてからは、鳥合わせして晩御飯。米がやたら多い。少ないより全然いいけど。

晩御飯の後はカエルが跳ね回ったり、後輩の1人に同性愛者疑惑が持ち上がったり、その彼に布団を剥がれわけの分からない濡れ衣を着せられたりしながらも翌日早朝の雁行を見るために早めに就寝(笑)

結果
1,カンムリカイツブリ 2,チュウダイサギ 3,アオサギ 4,マガン 5,オオハクチョウ 6,コハクチョウ 7,カルガモ 8,マガモ 9,オナガガモ 10,ホシハジロ 11,キンクロハジロ 12,ミコアイサ 13,カワアイサ 14,トビ 15,オオタカ 16,ノスリ 17,チュウヒ 18,ハヤブサ 19,チョウゲンボウ 20,キジ 21,オオバン 22,タゲリ 23,タシギ 24,キジバト 25,ドバト 26,アオゲラ 27,ハクセキレイ 28,セグロセキレイ 29,タヒバリ 30,ヒヨドリ 31,モズ 32,ジョウビタキ 33,ツグミ 34,エナガ 35,ヤマガラ 36,シジュウカラ 37,ホオジロ 38,カシラダカ 39,オオジュリン 40,スズメ 41,ムクドリ 42,ハシボソガラス 43,ハシブトガラス

1日目…43種。2日目で17種出せる自信がまったくありません…。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://vulvulzerzer.blog58.fc2.com/tb.php/154-64ce5190

 | HOME | 

2017-05

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

黒ねこ時計 くろック D04

プロフィール

TOGU

Author:TOGU
鳥見と糖分摂取を生きがいとするダメ社会人のブログ。

内容は9割方鳥見の記録です(残り1割も生き物ネタ)。

リンクはたいていの場合大歓迎ですが、一応コメントで伝えていただけると嬉しいです。

まぁ、誰も使う人はいないと思われますが一応写真の無断使用無断転載禁止です。
なにか御用の場合はvulpesmustelaアットyahoo.co.jp(アットを@に変えて下さい)まで御連絡下さい。

FC2カウンター

検索フォーム

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。