2017-06-04 [ Sun ]
 こんにちわ。GWが終わって虚脱感に苛まれる毎日です。

 今回は新年早々渡良瀬遊水地に行って来た時の記事です。

 年末にチフチャフPhylloscopus collybita tristis の情報を見つけて正直見辛いんじゃないかと思いながらも、個人的に割とお気に入りの鳥なのでとりあえず行ってみる。

 現地に着いたらだいたいの場所は分かってるので、とりあえず湖周辺の鳥を見ながら移動。

ジョウビタキ
ジョウビタキ Phoenicurus auroreus auroreus
 オスとメス両方いたけどオスはサービスが悪い。

ヒドリガモ
ヒドリガモ Anas penelope
 逃げ方にやる気を感じないヒドリガモ。こっちがそこそこ近付いたら逃げたけど、のろのろと水に入ってのろのろと岸から離れていきました。

オオバン
オオバン Fulica atra atra
 一転、こちらはやる気のあるオオバンの集団。こちらが足を止めたら近寄ってもないのに一斉に泳ぎ去っていく。別に近寄る気もなかったんだけどね。まぁ警戒心が強いのは大事なことでしょう。

ハジロカイツブリ
ハジロカイツブリ Podiceps nigricollis nigricollis
 岸から近い所にいてちょっと人気者になってたハジロカイツブリ。

カンムリカイツブリ
カンムリカイツブリ Podiceps cristatus cristatus
 初めてカンムリカイツブリを見たのもここだったなぁ。それまで何故かそこそこ珍しい鳥というイメージを持ってたカンムリカイツブリを、ここで初めて割と大量に見て「あっ、カンムリカイツブリってそういう感じなんだ」と思ったのが懐かしいです。

 橋を渡って中の島まで渡ったら、それ以上は詳しい場所は分からないので自力で探す…はずがあっさりと写真を撮ってる集団を発見。初認からまぁまぁ経ってるし、1月2日なので流石にそんなに人もいないだろうから自力で頑張ろうと思ってたのになんか拍子抜け。

チフチャフ1
チフチャフ Phylloscopus collybita tristis
 というわけで今回のお目当て。鳥の図鑑を見てたいていの人がとりあえず一回は引っかかるんじゃないかと思われるチフチャフです。大学生の時にサークルの友達と、チフチャフって名前がいいねって話になって、しばらくチフチャフチフチャフ連呼してたのが懐かしいです。名前の由来が囀りっていうのは有名な所ですが、今回は冬なので当然その囀りは聞けませんでした。

チフチャフ2
 ムシクイの類ってことでもっと出にくいもんかと思って身構えてたけど、結構愛想が良くてかなりの長時間出てくれました。一ヶ所への滞在時間も割と長くて、どんくさい私でも写真を撮ることができました。

チフチャフ3
 良い色合いです。ムシクイだと結構黄色っぽい鳥も多いけど、私としては灰色系、特にチフチャフのほんのり明るめの灰色が好みだったりします。

チフチャフ4
 亜種名はチフチャフだったりシベリアチフチャフだったりしますが、そこら辺は書いてあるブログや本によって違うので、私は日本鳥類目録第7版に倣ってとりあえず亜種チフチャフという名前を使っておこうかなと思います。まぁチフチャフという亜種名は基亜種に使うのが妥当なんじゃないかって気もするのでその内変えるかも。

 チフチャフに満足したら久し振りに猛禽でも探すかということで鷹見台へ。私は正直鷹見台にあんまり良い思い出がないのですが、まぁ今回こそは平気だろうということで。

 過去のトラウマとは裏腹に鷹見台にはあっさり到着。だけどまだ猛禽の出る夕方には早いので、ちょっと葦原でも歩いてみるかと思いその場を移動。これがすべての間違いでした。
 しばらく歩いてそろそろ夕方だからさぁ帰ろうと思い、引き返すもなんか風景が違う。おかしいと思いつつもとりあえず土手まで行ってみるとその違和感は確信へ。どうみても風景が違う。コミミズクAsio flammeus flammeusが2羽飛んでるけど正直それどころじゃない。
 慌てて近くにあった地図を見ると、
地図
 赤線が鷹見台からの行きのルート。で、青線が引き返してからの帰りのルート。
 どうやら見事に道を間違えて、葦原を挟んで反対側の土手に来てしまったらしい。もうこの時点でテンションガタ落ちですよ。こっちからじゃ逆光で猛禽なんかろくに見えないし、今から戻ってももう暗くなってるだろうし。とは言え戻らないことには話にならないので完全にやる気をなくしながらも来た道をなんとか戻る。
 案の定戻った時には結構暗くなってて猛禽とか見れる状態じゃなく、仕方なくまたトラウマを増やしつつ帰る。正直来る度に渡良瀬遊水地に対しての負のイメージが増して行ってる気がします。やっぱり渡良瀬は車じゃなきゃ辛いです。

結果
1,オカヨシガモ 2,ヒドリガモ 3,マガモ 4,カルガモ 5,ハシビロガモ 6,コガモ 7,キンクロハジロ 8,ミコアイサ 9,カイツブリ 10,カンムリカイツブリ 11,ハジロカイツブリ 12,キジバト 13,カワウ 14,アオサギ 15,オオバン 16,セグロカモメ 17,ミサゴ 18,トビ 19,ノスリ 20,コミミズク 21,カワセミ 22,コゲラ 23,モズ 24,ハシボソガラス 25,ハシブトガラス 26,シジュウカラ 27,ヒヨドリ 28,エナガ 29,チフチャフ 30,ムクドリ 31,オオアカハラ 32,ツグミ 33,ジョウビタキ 34,スズメ 35,ハクセキレイ 36,カワラヒワ 37,ベニマシコ 38,ホオジロ 39,カシラダカ 40,アオジ 41,オオジュリン

 | HOME | 

2017-06

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

黒ねこ時計 くろック D04

プロフィール

TOGU

Author:TOGU
鳥見と糖分摂取を生きがいとするダメ社会人のブログ。

内容は9割方鳥見の記録です(残り1割も生き物ネタ)。

リンクはたいていの場合大歓迎ですが、一応コメントで伝えていただけると嬉しいです。

まぁ、誰も使う人はいないと思われますが一応写真の無断使用無断転載禁止です。
なにか御用の場合はvulpesmustelaアットyahoo.co.jp(アットを@に変えて下さい)まで御連絡下さい。

FC2カウンター

検索フォーム

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -