上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-06-22 [ Mon ]
まだ前の記事が残ってるけどちょっと飛ばして2回ほど新しい記事を書きます。前のはその後で書くかも。

少し前から月光守宮君に一緒にオオキンカメムシを見に行こう(訳:オオキンカメムシ見たいからお前車出せよ)と言われていたのですが、中々予定の合わないうちにオオキンカメムシが厳しい時期になってしまったのでどうしようかと思っていると、月光守宮君が「冒険したくない?」(訳:コウモリ見たいからお前車出せよ)とか小学生みたいなことを言い出し、私自身本州でコウモリを探したことはなかったし探してみたいとも思ってたので山奥の隧道にコウモリを探しに行くことに(笑)

朝とりあえず月光守宮君を駅で拾って早速隧道のある山へ。
ちなみに人の車に乗っておきながらポンコツ呼ばわりするのはマナー違反なので皆さんは気を付けてください(笑)

山に入るとなんか思ってた以上に険しい…。個人的には普通の登山道的なのを思い浮かべてたんだけど途中から道が馬鹿みたいに狭かったり崩れてたり倒木があったりで、確かに月光守宮君が冒険と言ったのも分からなくもないと言った感じ。
まぁ整備された道より荒れた道の方がわくわくするのは私も同じなので中々楽しい(笑)
道中月光守宮君に木を超えた時の溜息がじじ臭いとか暴言を吐かれましたがデスクワークなので体力が落ちるのは仕方ないです。というか溜息もわざと大袈裟にやってただけですよ?

アズマヒキガエル1
アズマヒキガエル Bufo japonicus formosus
でかいカエル。道端にポロッといるのがいいですね。
月光守宮君はリリースコールをさせようとしたら失敗した挙句に手をブフォトキシンまみれにされてました(笑)

アズマヒキガエル2
小汚いおっさん2人に見られてるのが不愉快だったのかジリジリと後退していく。

アズマヒキガエル3
そして、ずぶずぶと潜っていく。

アズマヒキガエル4
見えなくなっちゃいました。たぶんこの下あたりにいると思われます(笑)

カンアオイ
カンアオイ Asarum nipponicum
目立たないから見つけにくいけど葉っぱの形が特徴的なので分からないこともない。
中々可愛らしい花だけど個体差が大きくて、何だか汚らしい花もいっぱいありました(笑)
今回見たのは斜面の少し高い所に咲いてることが多かったので写真がえらく撮りづらい。この写真も結構いっぱいいっぱいな体勢で頑張って撮ってました(笑)

本当に大丈夫かよという感じの道を休憩を挟みつつ3時間くらいひたすら進む。ちなみに私は食料も水分も一切持ってなかったので両方とも恵んでもらってました(笑)

そして隧道。
遂道1
おぉっ!見るからになんかいそう!そしてゲジとかカマドウマとかその辺のいっぱいいると何となく不愉快になりそうな奴らもいそう!(笑)

ライトを出していざ突入。
中程まで進むと…
キクガシラコウモリ5
キクガシラコウモリ Rhinolophus ferrumequinum
いたーー‼キクガシラ‼
思わず叫びそうになるけどそこは我慢して小声でこそこそ喜ぶ。まぁその割にはお互い抑えきれずにそこそこの声量出てた気がしますがまぁコウモリが逃げなかったので良しとしましょう。
ここでコウモリが飛び去っていたらきっと醜い責任の擦り付け合いが始まったことでしょう(笑)

キクガシラコウモリ3
というか天井よく見ると大量にいる。塊いいですね。図鑑で見てた時は「キクガシラキモい、超キモい」とか思ってたけど実際に見ると妙な愛嬌があっていいじゃないですか。
私は本州で飛んでないコウモリを見るのは初めてというのもあってテンション上がりっぱなしですよ(笑)

オオゲジ
オオゲジ Thereuopoda clunifera
こっちもいたーー‼というか周りこいつらだらけ‼全然嬉しくないけど‼(笑)
ゲジ単品なら別に嫌いじゃないんですけどね、うじゃうじゃいたり自分の上とかすぐ横に突然いたりこっちに向かってくると串刺しにしたくなる。出会い方って大事です(笑)

ユビナガコウモリ
ユビナガコウモリ Miniopterus fuliginosus
キクガシラコウモリ以外で見れたのは今回この2個体だけ。しかも壁の切れ目に入ってるから見辛い。まぁ仕方ないです。見れただけ良しとしよう。

キクガシラコウモリ1
何よりキクガシラコウモリが近すぎて興奮してるからユビナガコウモリがちょっと見辛いくらいじゃ落ち込みません(笑)

最初からキクガシラフィーバーでもうこのままずっといたかったけど隧道はまだ後7つもあるので再び移動開始。

ニホンカナヘビ
ニホンカナヘビ Takydromus tachydromoides
うん。カナヘビですね。感想は特にありません(笑)

3つ目の隧道を抜けたあたりで足になんとなく違和感というか痛みが…。
まさかと思いズボンをめくってみると、
ヤマビル
ヤマビル Haemadipsa zeylanica japonica
やっぱりやられてた!やったぜ‼
反応がおかしいと思う方が大多数と思われますが、私は今まで何回山に登ってもよほど血がまずそうなのか一度もヒルに噛まれたことがなく、なんとなく憧れてたのです(笑)
知り合いの被害者一同は皆一様に不快だったとのことですが、私は正直全然不快感はなくむしろGATSBYを当てた時にポロッと外れるのがもっとやりたいからもっと来いとか思ってました(笑)
あっ、でも石でぶっ叩いても全然潰れないのは少しイラッとしたかも。ダニみたいにプチッと潰れて血が飛び散れば言うことないのに…。

キクガシラコウモリ2
近い上に顔が出てて良い。
完全に顔隠しちゃってる奴らは見ててあんまり楽しくない。

遂道2
結局、隧道の方は1つ目以外はキクガシラコウモリが数羽いたくらいで目立つ収穫はなし。まぁ1つ目でたくさん見れたので別にいいです。

で、帰り。当然、来た時のヤバい道をまた歩く。
でも、帰りは少し早歩きだったので割と早く戻れました。
途中で月光守宮君がヤマドリとか見つけたけどすぐ逃げられちゃって亜種識別は出来ませんでした。このあたりだと亜種ウスアカヤマドリなんだろうけど一瞬過ぎて全然分かりませんでした(笑)

で、帰りは月光守宮君が別の洞窟に行きたいというので場所を聞いたらかなり離れた所でそんな時間はないということになり飯へ。
まぁちょうど雨が降り出したのでちょうど良かったです。
夕飯は海鮮丼が食いてぇとか言ってた月光守宮君の心変わりにより焼肉のチェーン店で食べ放題。正直俺はそっちの方が良かったからいいですけど。
彼はデザートが1人1品だからデザートっぽいけどデザート枠じゃない芋を食べるとか言って、結果バスの時間を逃しそうになってました(笑)
しかも、私は一言も食べると言ってないのに食べない私を裏切り者扱いという外道っぷりですよ(笑)


結果
1,キンクロハジロ 2,カワウ 3,ツバメ

1,キクガシラコウモリ 2,ユビナガコウモリ 3,キュウシュウノウサギ

ニホンカナヘビ

アズマヒキガエル

月光守宮君、隧道の場所を調べてくれてありがとうございました。

オオキンカメムシ
オオキンカメムシ Eucorysses grandis
月光守宮君に話を聞いて1人で見に行ったオオキンカメムシ。
まぁその時のこともいずれ書きます。
スポンサーサイト

 | HOME | 

2015-06

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

黒ねこ時計 くろック D04

プロフィール

TOGU

Author:TOGU
鳥見と糖分摂取を生きがいとするダメ社会人のブログ。

内容は9割方鳥見の記録です(残り1割も生き物ネタ)。

リンクはたいていの場合大歓迎ですが、一応コメントで伝えていただけると嬉しいです。

まぁ、誰も使う人はいないと思われますが一応写真の無断使用無断転載禁止です。
なにか御用の場合はvulpesmustelaアットyahoo.co.jp(アットを@に変えて下さい)まで御連絡下さい。

FC2カウンター

検索フォーム

カレンダー

05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。