2017-04-06 [ Thu ]
 昨年末に早戸川林道に行って来ました。狙いは毎回のことだけどクマタカNisaetus nipalensis orientalis 。丹沢湖とかの方が遥かに見やすいんじゃないかって気もするけど、ここはもう「クマタカを初めて見るのは意地でも早戸川」って言う最早自分でもよく分からない意地ですね。

1
マガモ Anas platyrhynchos platyrhynchos
 ここでは湖面にはそこまで期待してないので、水辺はちょろちょろっと眺めるくらい。まぁオシドリAix galericulata くらいはちょっと期待してるんだけど発見ならず。もっと狭い川の方に入ればヤマセミMegaceryle lugubris lugubris とかカワガラスCinclus pallasii pallasii とか探すけど、今回はそっちも不在。カワガラス永らく会えてないです。

2
ベニマシコ Carpodacus sibiricus sanguinolentus
 大学時代に冬にベニマシコを見るためにここに来て、大喜びしてたのが懐かしいです。今だと嬉しさももちろんあるんだけど、ついつい「オオマシコCarpodacus roseus portenkoi じゃないのか…」的な思考が脳裏をよぎってしまいます。まぁそれだけうす汚れたということでしょう(笑)

 ちょこちょこベニマシコとかカヤクグリPrunella rubida に目を取られながらも、クマタカを探すために上を向いて歩いていたけど出てくるのはトビMilvus migrans lineatus ばっか。ここまでクマタカ外してると流石に「トビはトビでいいよね」とか言ってられない心境になってきたりもするのですが、トビに文句垂れてもしょうがないのでひたすら黙ってクマタカを探す。
 正直、諦めムードというか惨敗ムードの中、いつも昼食を食べている橋に近づくと何やら橋の上で上方に向かってカメラを構えてる数名のカメラマンを発見。低い場所を撮ってるならベニマシコあたりの可能性が高いが、ここで上方を撮ってるならきっとクマタカに違いないとの確信の元、即座にダッシュ。接近してカメラの向けられた先を見ると、

3
クマタカ Nisaetus nipalensis orientalis
 やっと、やっと会えました。正直、一番最初の印象は「森の王者」とか言ってるけど、要は「空の王者」イヌワシAquila chrysaetos japonica の劣化版みたいなもんでしょとか言うイメージだったのですが、そんな無礼な考えのせいか、何回宮ケ瀬に行っても見れず、7年経ってやっとこさ会えました。ちなみに私が住んでいる千葉県は、沖縄以外で唯一クマタカの記録がない県であるため、現在では劣化版どころか神聖視に近いものがあったりします(笑)

4
 最初は木の上に留まってて馬鹿みたいに見辛かったけど、一旦飛び立って山の後ろに消えたと思ったら、出てきてソアリングを始めたので、ゆっくり見れました。まぁ段々上に昇って行っちゃうからどんどん小さくはなっていくわけだけど…。
 本当は留まってる時に、「角鷹」の名前の由来になったという説もある冠羽を見ておきたかったんだけど、流石にそこまでの運はなかった模様。でも、代わりに同じくクマタカの大きな特徴となる、幅広で、相対的に短い翼は見ることが出来たのでまぁ良いでしょう。この翼のおかげで長い翼を持ち、開けた場所での狩りに適したイヌワシとは違い、森林内を飛翔して獲物を探すことが出来るわけです。

 まぁそうは言っても日本のイヌワシもイヌワシの生息環境としてはだいぶ特異な場所に住んでるわけですが。イヌワシには現在、日本に生息する最小の亜種イヌワシA. c. japonica を含めて6亜種が確認されてますが、亜種イヌワシ以外の亜種は基本的に草原等の開けた環境に棲息していて、日本のような森に覆われた環境に棲息していることはだいぶ珍しいようです。
 そんな生息環境もあってか亜種イヌワシは元々イヌワシの亜種の中では最も個体数が少ないわけですが、現在は伐採地等の人為的に開かれた土地が減っていて、亜種イヌワシにとって更に厳しい環境となってきているようです。

 とうとうクマタカに出会えて、正直今日やることはやり遂げた感が凄かったので、昼ご飯食べて帰ることに。本当はこの後川沿いでカワガラスを探そうかとも思ったんだけど、それで見つからないでテンション下がるよりは今日は気分良く帰りたかったのでおとなしく帰還。

 バスまで時間があったから、バス停周辺でちょろちょろっと鳥見。

5
カワセミ Alcedo atthis bengalensis
 親子連れが芝生で休んでる脇で、じりじりとにじり寄って撮影したカワセミ。不審者の誹りは謹んでお受けしようと思います(笑)

6
カルガモ Anas zonorhyncha
 カモは池の半面がキンクロハジロAythya fuligula で半面がカルガモの支配域と言った感じ。で、たまにホシハジロAythya ferina

7
イソシギ Actitis hypoleucos

8
 来たらとりあえず買ってる豚汁。特に絶対買わねばってこともないんだけど、林道から戻ったらとりあえず買うってのがなんかもう一連の流れになってる模様。

 豚汁飲んでダラダラしてたらバスが来たので人里へと帰還。

結果
1,マガモ 2,カルガモ 3,ホシハジロ 4,キンクロハジロ 5,キジバト 6,カワウ 7,アオサギ 8,オオバン 9,イソシギ 10,トビ 11,クマタカ 12,カワセミ 13,コゲラ 14,アカゲラ 15,ハシボソガラス 16,ヤマガラ 17,シジュウカラ 18,ヒヨドリ 19,エナガ 20,メジロ 21,ガビチョウ 22,シロハラ 23,ルリビタキ 24,ジョウビタキ 25,カヤクグリ 26,ハクセキレイ 27,セグロセキレイ 28,カワラヒワ 29,マヒワ 30,ベニマシコ 31,アカウソ 32,ホオジロ 33,アオジ
2016-07-21 [ Thu ]
長々続いた台湾の記事も終わり、今回から日本に戻ります。
ネタ自体は台湾が馬鹿みたいに長引いた(長引かせた)せいで2015年の1月辺りから溜まってたものの、流石にそこまでさかのぼるのはちょっと…ってことで1年ほどすっ飛ばして今年の1月後半あたりから入ってみる。
本来なら季節的にはせめて6月辺りから入った方がいいのかもしれないけど、そうすると今度はその内書くことがなくなりそうで(笑)

「2016年になったし、とりあえず山の鳥でも見に行くか!」っていう理由で早戸川林道へ。狙いはカヤクグリでついでにベニマシコ、あわよくばクマタカNisaetus nipalensis orientalis って所。

カヤクグリ
カヤクグリ Prunella rubida
歩き始めてすぐに目的のカヤクグリが出現。カヤクグリは夏場は高標高帯に行ってるからこの辺じゃこの時期しか見れない鳥。色合いは地味だけど、私の中では冬になったら一度は会わねばって感じの鳥。
和名の由来は萱(カヤ)の類の下によく潜ることから来てるから、一見潜行性が強くて警戒心も強い鳥なのかなって思うけど意外と警戒心はそこまで強くない。なんで気付くと結構近くまで来てたりします。まぁ高山の鳥って人に対する警戒心が薄めの鳥が多いしね。夏季高山帯で過ごすカヤクグリの警戒心が薄くても不思議はないんじゃないかと。

カヤクグリが見えなくなったから先へ進むと頭上を猛禽が。「クマタカ来たか!?」と思ったけどいつも通り安定のトビMilvus migrans lineatus でした。

ジョウビタキ
ジョウビタキ Phoenicurus auroreus auroreus
学生の頃はジョウビタキとか冬になったら家の近くの川とか公園でもしょっちゅう見てて、おかげで冬の中盤辺りからは「なんだジョビか」くらいの扱いになってたもんだけど、社会人になって鳥見の回数が減ったせいか今はジョビが出る度にいちいちはしゃげるようになってます(笑)

ベニマシコ
ベニマシコ Carpodacus sibiricus sanguinolentus
ベニマシコはまぁいつも通りそこそこ出る。

鱒釣り場まで行ったらいつも通り昼飯食べてUターン。

ヤマセミ+釣り人スポットになっている橋に着くと、釣り人の1人が手招きをしている。どうやらヤマセミが出ているらしい。
ヤマセミ
ヤマセミ Megaceryle lugubris lugubris
ヤマセミは結構前にやっぱりこの場所で見た1回きりで実に6年振り。その時は鳴きながら橋の下を飛んで行くところだったから、留まってる所を見るのは初めて。
よく見えないけど喉の辺りに褐色斑が見える気がするから雄かな。

ルリビタキ
ルリビタキ Tarsiger cyanurus
どうせならね、綺麗な雄成鳥が撮りたいなって願望があったり。どうもルリビの雄成鳥と縁がない。見れないわけでは全然ないけどまぁ撮れない。

で、終了。結局クマタカ見れず。相も変わらずクマタカに振られ続けてます。まぁ行く場所に行けば見れるわけではあるけれどもね。
それでも正直まったく期待してなかったヤマセミが見れたからまぁ結果としては中々良かったと言えるでしょう。

結果
1,マガモ 2,ホシハジロ 3,キジバト 4,カワウ 5,アオサギ 6,オオバン 7,トビ 8,ヤマセミ 9,コゲラ 10,ハシブトガラス 11,コガラ 12,ヤマガラ 13,ヒガラ 14,シジュウカラ 15,ヒヨドリ 16,エナガ 17,メジロ 18,ガビチョウ 19,ムクドリ 20,シロハラ 21,ツグミ 22,ルリビタキ 23,ジョウビタキ 24,カヤクグリ 25,スズメ 26,ハクセキレイ 27,アトリ 28,カワラヒワ 29,マヒワ 30,ベニマシコ 31,ホオジロ 32,アオジ
2015-04-10 [ Fri ]
大学の学祭の日に学祭行く前にカモでも入ってるかなと泉の森へ行ってみました。
まぁ写真も少ないし面白いエピソードとかもなかったので一切の期待はしないで下さい(笑)

カルガモ1
カルガモ Anas zonorhyncha
現地に着くとカルガモばっか。まぁ時期が早かったのでそこまでの期待は抱いてなかったけどカルガモ以外1羽たりともいないと流石にちょっとへこみます(笑)

DSC02091
クロコノマチョウ Melanitis phedima
枯葉を装うなら緑の葉っぱの上に止まるより枯葉の上に止まった方がいいんじゃないかと思うんだけど(笑)

コサギ
コサギ Egretta garzetta garzetta
頑張って食料を探すけど全然捕れないコサギ。

カルガモ2
コガモ1羽いない。いや、カルガモが好きじゃないとかではないんですけどね?
なんか冬になったって気がしない。

結局、カルガモ以外のカモもワカケホンセイインコも見れずシジュウカラとコイとボーイスカウトを眺めて撤収しました(笑)
2014-05-31 [ Sat ]
こんばんは。GWは久し振りの島でウハウハしてきました。これでまたしばらく辛い現実に耐えられます。
まぁ実際の所そこまで追い詰められてるわけではないですが(笑)

相変わらずだいぶ前の記事ですがまぁ我慢して下さい。

3月に神奈川にウタツグミを見に行った時の事です。

ウタツグミが出たという情報を見つけたのはいいけどこの頃には既に神奈川から千葉に引っ越してた上に、仕事も始まってたから神奈川の部屋の片付けついでにさっと行ってすぐ千葉に帰る感じ。
なので、普段なら駅から現地まで歩いて行く所をこの日はなりふり構わずタクシー移動。リッチです。まぁ金を気にして見れなかったら仕方ないですからね。必要経費ということで。

着いたら公園の中に人だかりが出来てて分かり易い。まぁこれはいつものことですね。
幸いウタツグミはよく出てるっぽい。

ツグミ
ツグミ Turdus eunomus
残念悪いがおまえじゃない。

なんか出が良いって聞いた割には私が着いてからはなかなか出ない。仕方ないからすぐ真上でなんかちょこちょこしてるメジロの群れを30分くらい眺めてたら出て来ました。

ウタツグミ1
ウタツグミ Turdus philomelos
うーん遠い。

ウタツグミ2
あ、でも近付いてきた。

ウタツグミ3
それなりに近くまで来てくれました。
家に帰って親に写真を見せたら「地味」の一言でした。まぁそうですよね。色が綺麗なわけでもないし。私はこの色すごい好きなんだけどね。

ウタツグミ4
日に当たると頭の色が綺麗。
ヤドリギツグミに似てるけど胸の斑の形がこっちの方が素敵滅法。

しばらく見たら散歩中のおじさんに驚いて逃げちゃいました。こういう時に「常識がない」とか言ってみたり、歩いてる人に怒鳴る輩はいったい何なんでしょうね。こういういざこざって結構あるよね。よろしくない。

結構時間ギリギリまで見て満足したら急いでバスに乗って駅へ行き、千葉へ。
滞在時間短いのになんかやたら疲れました。

次回からはGWの記事です。せめて1ヶ月に2回は更新したいので頑張ります。
2013-12-12 [ Thu ]
11月24日の日曜日です。この日は前々日にヘラサギ出現という情報を見つけたのでどうするか迷ったのですが、ヘラサギよりは近場でカモでも見たい気分だなぁなどと思い久し振りに泉の森へ。

カルガモ
カルガモ Anas zonorhyncha


ヒドリガモ1
ヒドリガモ Anas penelope
オナガガモも見たかったけどこの日はいませんでした。

マガモ
マガモ Anas platyrhynchos platyrhynchos
マガモはこの日は雄は留守らしく雌しかいませんでした。
マガモ雌の嘴好き。

バン
バン Gallinula chloropus chloropus
周りをうじゃうじゃしてるカモに比べて小さいから何だか可愛らしく思える。

ホシハジロ
ホシハジロ Aythya ferina
顔が黒味がかってなんか悪人面してます。

キンクロハジロ1
キンクロハジロ Aythya fuligula

コガモが見つからないので別の場所へ移動。

コガモ
コガモ Anas crecca crecca
近くのちっちゃい池にいました。だけどこの後カルガモに追い出されてました(笑)

ヒドリガモ2
少し小鳥でも撮ろうかと思ったけど全然撮れなかったから結局写真は水鳥のみ。

ぼーっとカモ眺めてたら暗くなってきたので帰る。

結果
1,ヒドリガモ 2,マガモ 3,カルガモ 4,コガモ 5,ホシハジロ 6,キンクロハジロ 7,カイツブリ 8,ドバト 9,キジバト 10,アオサギ 11,バン 12,カワセミ 13,ハシブトガラス 14,シジュウカラ 15,ヒヨドリ 16,ジョウビタキ 17,スズメ 18,キセキレイ

ちなみに泉の森から帰った後、カモに多少満足したせいか今度はヘラサギが見たくなり結局火曜日の朝5時半とかに家を出てヘラサギを見に行ったのでした(笑)

ヘラサギ
ヘラサギ Platalea leucorodia leucorodia

 | HOME |  »

2017-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

黒ねこ時計 くろック D04

プロフィール

TOGU

Author:TOGU
鳥見と糖分摂取を生きがいとするダメ社会人のブログ。

内容は9割方鳥見の記録です(残り1割も生き物ネタ)。

リンクはたいていの場合大歓迎ですが、一応コメントで伝えていただけると嬉しいです。

まぁ、誰も使う人はいないと思われますが一応写真の無断使用無断転載禁止です。
なにか御用の場合はvulpesmustelaアットyahoo.co.jp(アットを@に変えて下さい)まで御連絡下さい。

FC2カウンター

検索フォーム

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -