FC2ブログ
2019-03-31 [ Sun ]
 今回は2018年のGWの記事です。
毎年GWだけはどっかしらに遠征に行ってるので、今年もそこまで遠くなくてもいいからどっか行こうと考えた結果、話にはよく聞くもののなんだかんだで行ったことのない戦場ヶ原に行くことにしました。

 事前情報で少し前にイスカLoxia curvirostra japonica 、ナキイスカLoxia leucoptera 、ベニヒワCarduelis flammea flammea の情報があったものの、今回はそういうの度外視で久し振りにニュウナイスズメPasser rutilans 見たいくらいの気持ちで気軽に行くことにしました。まぁ気分的には春の暖かい湿原でのんびり鳥見でもしますかって感じ。

 で、電車で行ける場所でもないんで当然車で行ったんだけど、道中とある違和感が。なんか標高がどんどん上がってる気がする。と言うか確実に上がってる。途中いろは坂とか登っちゃってるし。

 そして、現地に着くとなんと普通に雪が降ってる。5月らしい陽気とかかけらもないです。もうニュウナイスズメ見たいくらいしか考えずに気軽に来ちゃったせいで、何にも下調べしてなかったけど、どうやら戦場ヶ原はそこそこの標高にある湿原で5月くらいじゃ普通に寒いらしい(笑)
 Tシャツと薄い長袖だけの自分の場違い感半端ないです(笑)

 この時点で夜の苦労が目に浮かぶようだったけど、まぁ今更なのでとりあえず気にせず鳥見を開始。

1アカゲラ
アカゲラ Dendrocopos major hondoensis
 車を降りたら早速アカゲラが出てきた。唐突過ぎてピント全然合ってないけど(笑)

 どうせならオオアカゲラDendrocopos leucotos stejnegeri も見たいなぁとか思ったけど、そっちは見事に外しました。まだオーストンオオアカゲラD. l. owstoni しか見たことないんですよね。

3シジュウカラ
シジュウカラ Parus minor minor

 小田代原の木道を歩いていると、脇の林の地面から何やら大きめの鳥が飛び出し、近くの枝に留まったので見てみるとフクロウStrix uralensis hondoensis でした。慌ててカメラを向けるもファインダーを覗いたらもう消えていました。羽音が聞こえないって厄介っすね。飛んでも全然気付かない。

 その後はフクロウが諦められず、しばらく小田代原の木道をぐるぐると歩き続けるも結局フクロウは出てくれませんでした。

2死体
 死体。もう大学卒業してからこの辺りとは縁がなさ過ぎて、全然分からなくなってます。

4モズ
モズ Lanius bucephalus bucephalus
 なんか色合いが妙なモズだなぁとか思ったけど、そういえば高原モズなんてのがいましたね。

5モズ
 高原モズはまだ私が鳥を見ていなくて、哺乳類一筋だった頃に富士に行った際、先輩方が高原モズがどうとか言っていたのをなんとなく聞いていた覚えはあるけど、それ以来あまり縁がなくて忘れかけてました。

7カケス
カケス Garrulus glandarius japonicus
 私がカケスに会う時って大体真上かくっそ高い場所のどっちかで辛い。

8キビタキ
キビタキ Ficedula narcissina narcissina
 キビタキはいっぱいいるけどね、あんまり近寄って来ない。まぁ他の鳥も全体的に近寄っては来ないんだけどさ。

 道中イスカ待ちの人達もいたけど、今回は張る気分じゃなかったのでスルー。

9マガモ
マガモ Anas platyrhynchos platyrhynchos
 冬の戦場ヶ原にカモがどれくらい来てるのかは知らないけど、今回見れたカモはこれくらい。

 暗くなってきたから1日目はこの辺で終了。結局この日はフクロウには、小田代原での1回しか会えなかったけど、まぁ翌日に期待ってことで。
 近くのスーパーで夕飯を買って食べたらお馴染み車中泊。しかし、着いた時に予想した通りこの車中泊が正に地獄という感じでした。

 まぁとにかく寒い。と言うか寒すぎて本気で死を感じるレベル。

 そりゃね、日中でも雪降ってて動いてないと寒い状態だったんだから夜になりゃそりゃ寒いわ。藁をも掴む思いで普段全く使わないカーシェードを体に巻きつけてみる。当然効果なんてありゃしないけどもうそれくらいしかやれることがないのです。
 最終的には1時間毎に目が覚めてしまうので、1時間寝る→暖房つけて車でしばらく走る→1時間寝る→暖房つけて車でしばらく走るを朝までループしてました。次の日も運転があるから出来ればちゃんと寝たかったけど命には代えられないので。
 今までの遠征の中で福島、乗鞍に次いで3番目くらいにはしんどかった気がします。命の危機って点だけなら乗鞍を抜いて2番目かも。

 結局5、6回のループの後に命の危機を脱した(夜が明けた)ので、若干眠いけど鳥見開始。

10ノビタキ
ノビタキ Saxicola stejnegeri
 草原、高原の鳥ってイメージだからまぁいるかなとは思ってたけどやっぱりいました。普段夏になると山で夏鳥を探すから、キビタキなんかは割と毎年見るけど、山だとノビタキは見ないから見れるとキビタキより全然嬉しい。

11カケス
 珍しく真上でもくっそ高くもないカケス。でも距離はそこそこ。木道から見てるから近付けないのがもどかしい。

12フクロウ
フクロウ Strix uralensis hondoensis
 クッソ遠いけどフクロウ。上述のループ中に何回かフクロウが飛んでるのを見かけ、こりゃ行けるんじゃないかと思って探したら割とあっさり発見しました。ここでは開けてるのもあって割と見やすかったけど、早朝なら小田代原の方でもそこそこ見やすかったりしたのかな?

13フクロウ
 亜種は亜種フクロウS. u. hondoensis 。関東在住だけど亜種モミヤマフクロウS. u. momiyamae 見たことないです。ちなみに私の住んでる南房総は亜種キュウシュウフクロウS. u. fuscescens って話もあるけど、実際どうなんでしょうね。見たことがないから分からない…。

14ビンズイ
ビンズイ Anthus hodgsoni hodgsoni
 初めて戸隠で見た時は、結構見にくい鳥的なイメージもあったけど、意外と町中の公園とかにもいるので、最近は割とどこでも見かけるイメージになってきました。
 図鑑で見てただけの頃はすごい見にくいイメージだったのに、実際にフィールドに出だしたら普通種だったって結構ありません?
 私の場合はカンムリカイツブリPodiceps cristatus とかウミアイサMergus serrator とかが割とそんな感じ。

 一応フクロウは見れたものの、昨日の良い雰囲気での(ついでに至近距離での)フクロウが忘れられずに再度小田代原へ。

15マヒワ
マヒワ Carduelis spinus
 結局収穫はこのくらい。林の奥の方で群れでちょこちょこしてるのを見つけて、中にベニヒワがいないか雪の中頑張って探してみたけどまぁダメでした。

 次の日は仕事ってのと帰る前にもう一ヶ所寄りたいポイントがあったので、戦場ヶ原を後に。

 と見せかけて最終的にやっぱりイスカが見たくなって、2時間くらいポイントで待ち(笑)
 まぁ別にイスカを見ちゃいけない自分ルールとかないので、別に問題ないんだけど。

16イスカ
イスカ Loxia curvirostra japonica
 見れたは見れたけど遠いね。この一帯の中で特に高い木の上にいる上に、その木の位置も道から微妙に離れてるのでどうにもならない。イスカの代名詞と言える交差した嘴も確認は出来たけど、欲を言えばもう少し近くで見たかったです。
 2017年から2018年にかけての冬はイスカが当たり年で、犬吠埼とかにも出てて見に行ったのですが、私はそこでは見れてなかったので、まぁなんとか見れただけでも良かったと思うことにします。
 ちなみに一応群れだったので、ダメ元でナキイスカも探したけどいませんでした。

17ニュウナイスズメ
ニュウナイスズメ Passer rutilans
 最後に近くで見れたニュウナイスズメ。近くにいたらいたで緊張と焦りで上手く撮れないっていう体たらく(笑)

 イスカもなんとか会えたので、今度こそ本当に戦場ヶ原を後に。
 帰りは不完全燃焼気味のフクロウを見に、別のフクロウポイントに行って見事に外したり、近場の温泉を探そうと思ったら全然なくて数十㎞余分に走ったりしながら帰宅。

 | HOME | 

2019-11

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

TOGU

Author:TOGU
鳥見と糖分摂取を生きがいとするダメ社会人のブログ。

内容は9割方鳥見の記録です(残り1割も生き物ネタ)。

リンクはたいていの場合大歓迎ですが、一応コメントで伝えていただけると嬉しいです。

まぁ、誰も使う人はいないと思われますが一応写真の無断使用無断転載禁止です。
なにか御用の場合はvulpesmustelaアットyahoo.co.jp(アットを@に変えて下さい)まで御連絡下さい。

FC2カウンター

検索フォーム

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30