2017-06-04 [ Sun ]
 こんにちわ。GWが終わって虚脱感に苛まれる毎日です。

 今回は新年早々渡良瀬遊水地に行って来た時の記事です。

 年末にチフチャフPhylloscopus collybita tristis の情報を見つけて正直見辛いんじゃないかと思いながらも、個人的に割とお気に入りの鳥なのでとりあえず行ってみる。

 現地に着いたらだいたいの場所は分かってるので、とりあえず湖周辺の鳥を見ながら移動。

ジョウビタキ
ジョウビタキ Phoenicurus auroreus auroreus
 オスとメス両方いたけどオスはサービスが悪い。

ヒドリガモ
ヒドリガモ Anas penelope
 逃げ方にやる気を感じないヒドリガモ。こっちがそこそこ近付いたら逃げたけど、のろのろと水に入ってのろのろと岸から離れていきました。

オオバン
オオバン Fulica atra atra
 一転、こちらはやる気のあるオオバンの集団。こちらが足を止めたら近寄ってもないのに一斉に泳ぎ去っていく。別に近寄る気もなかったんだけどね。まぁ警戒心が強いのは大事なことでしょう。

ハジロカイツブリ
ハジロカイツブリ Podiceps nigricollis nigricollis
 岸から近い所にいてちょっと人気者になってたハジロカイツブリ。

カンムリカイツブリ
カンムリカイツブリ Podiceps cristatus cristatus
 初めてカンムリカイツブリを見たのもここだったなぁ。それまで何故かそこそこ珍しい鳥というイメージを持ってたカンムリカイツブリを、ここで初めて割と大量に見て「あっ、カンムリカイツブリってそういう感じなんだ」と思ったのが懐かしいです。

 橋を渡って中の島まで渡ったら、それ以上は詳しい場所は分からないので自力で探す…はずがあっさりと写真を撮ってる集団を発見。初認からまぁまぁ経ってるし、1月2日なので流石にそんなに人もいないだろうから自力で頑張ろうと思ってたのになんか拍子抜け。

チフチャフ1
チフチャフ Phylloscopus collybita tristis
 というわけで今回のお目当て。鳥の図鑑を見てたいていの人がとりあえず一回は引っかかるんじゃないかと思われるチフチャフです。大学生の時にサークルの友達と、チフチャフって名前がいいねって話になって、しばらくチフチャフチフチャフ連呼してたのが懐かしいです。名前の由来が囀りっていうのは有名な所ですが、今回は冬なので当然その囀りは聞けませんでした。

チフチャフ2
 ムシクイの類ってことでもっと出にくいもんかと思って身構えてたけど、結構愛想が良くてかなりの長時間出てくれました。一ヶ所への滞在時間も割と長くて、どんくさい私でも写真を撮ることができました。

チフチャフ3
 良い色合いです。ムシクイだと結構黄色っぽい鳥も多いけど、私としては灰色系、特にチフチャフのほんのり明るめの灰色が好みだったりします。

チフチャフ4
 亜種名はチフチャフだったりシベリアチフチャフだったりしますが、そこら辺は書いてあるブログや本によって違うので、私は日本鳥類目録第7版に倣ってとりあえず亜種チフチャフという名前を使っておこうかなと思います。まぁチフチャフという亜種名は基亜種に使うのが妥当なんじゃないかって気もするのでその内変えるかも。

 チフチャフに満足したら久し振りに猛禽でも探すかということで鷹見台へ。私は正直鷹見台にあんまり良い思い出がないのですが、まぁ今回こそは平気だろうということで。

 過去のトラウマとは裏腹に鷹見台にはあっさり到着。だけどまだ猛禽の出る夕方には早いので、ちょっと葦原でも歩いてみるかと思いその場を移動。これがすべての間違いでした。
 しばらく歩いてそろそろ夕方だからさぁ帰ろうと思い、引き返すもなんか風景が違う。おかしいと思いつつもとりあえず土手まで行ってみるとその違和感は確信へ。どうみても風景が違う。コミミズクAsio flammeus flammeusが2羽飛んでるけど正直それどころじゃない。
 慌てて近くにあった地図を見ると、
地図
 赤線が鷹見台からの行きのルート。で、青線が引き返してからの帰りのルート。
 どうやら見事に道を間違えて、葦原を挟んで反対側の土手に来てしまったらしい。もうこの時点でテンションガタ落ちですよ。こっちからじゃ逆光で猛禽なんかろくに見えないし、今から戻ってももう暗くなってるだろうし。とは言え戻らないことには話にならないので完全にやる気をなくしながらも来た道をなんとか戻る。
 案の定戻った時には結構暗くなってて猛禽とか見れる状態じゃなく、仕方なくまたトラウマを増やしつつ帰る。正直来る度に渡良瀬遊水地に対しての負のイメージが増して行ってる気がします。やっぱり渡良瀬は車じゃなきゃ辛いです。

結果
1,オカヨシガモ 2,ヒドリガモ 3,マガモ 4,カルガモ 5,ハシビロガモ 6,コガモ 7,キンクロハジロ 8,ミコアイサ 9,カイツブリ 10,カンムリカイツブリ 11,ハジロカイツブリ 12,キジバト 13,カワウ 14,アオサギ 15,オオバン 16,セグロカモメ 17,ミサゴ 18,トビ 19,ノスリ 20,コミミズク 21,カワセミ 22,コゲラ 23,モズ 24,ハシボソガラス 25,ハシブトガラス 26,シジュウカラ 27,ヒヨドリ 28,エナガ 29,チフチャフ 30,ムクドリ 31,オオアカハラ 32,ツグミ 33,ジョウビタキ 34,スズメ 35,ハクセキレイ 36,カワラヒワ 37,ベニマシコ 38,ホオジロ 39,カシラダカ 40,アオジ 41,オオジュリン
2011-01-12 [ Wed ]
2日目。

朝、まだ暗いうちに大宮を出て明るくなる頃に板倉へ。

すぐには、渡良瀬に入らずまずはミヤマガラス、コクマルガラス探しのために田んぼへ。

最初は全然いなかったけど歩いてる内にどんどん飛んできた。

ミヤマガラス1
ミヤマガラス Corvus frugilegus pastinator
尾羽を開いて頭部を突き出す鳴き方はハシボソガラス、ハシブトガラスとは違いますね。
実際見ると頭の形だけは好きになれません…。
嘴基部が白くないから若い個体ですかね?でも某有名オンライン野鳥図鑑とか見ると白くないのに成鳥って書いてある写真があるから若干迷ってます。まぁ写真とコメントがあってない所があるので写真を貼り間違えてるだけかもしれませんが。

コクマルガラスは上空を飛んでいく群の中で独特の声で鳴いていたのですぐ分かりました。その後、田んぼに降りている淡色型2羽を見つけたけど遠すぎて撮れない。カラスは警戒心が強すぎて厄介です。

ミヤマガラス2
これは嘴基部が白くて図鑑通りの成鳥です。

群がどんどん遠くに行ってしまったので目当ての鳥は見れたしこれ以上は諦めて渡良瀬へ。

とりあえず適当に歩いて鷹見台辺りまで行ってみることに。

マガモ
マガモ Anas platyrhynchos platyrhynchos
途中にいるカモはマガモ、カルガモ、コガモ、ヒドリガモが大半でカワアイサ、ミコアイサがちょこちょこ。

しばらく歩いてると鳥屋が並んでる。なんとなく予想はついてたけど一応聞いてみると予想通りコミミズク待ちらしい。
けど、今回は目的の鳥が違うので群には加わらず先へ。

ヨシガモ2
ヨシガモ Anas falcata
橋の近くで群れてた。

ヨシガモ1
雌。

ここで道が若干うろ覚えになってきたのですが、どうせ自分1人だから間違ってもいいし適当に行けば着くだろとか思って進んだら見事に迷いました。まさかいつの間にか渡良瀬から出てるとは…。

で、ナビを使って鷹見台戻ろうと思い歩いていると、いきなり前にコミミズクが。
近いけど逆光だったのといきなり過ぎたので双眼鏡で覗くのが精一杯。

その後、先に進むと2回ほどちょこちょこ出てきました。探してない時に限ってよく出るねぇ。

更に進むとやっとコミミズク待ちの鳥屋の所まで戻れた。もう暗くなってきててここから鷹見台に行くのもきついので諦めてさっき見たけどコミミズクを待ってみる。

コミミズク2
コミミズク Asio flammeus flammeus
遠い…。まぁ周りには鳥屋がいるのでどうしようもないです。

コミミズク1
まぁ証拠写真でいいです。

カワウ
カワウ Phalacrocorax carbo hanedae
V字。

本格的に暗くなってきたので帰る。歩きだと帰りがきついね。真っ暗になってから駅に到着。

結果
1,カンムリカイツブリ 2,カワウ 3,チュウダイサギ 4,コサギ 5,アオサギ 6,マガモ 7,カルガモ 8,コガモ 9,ヨシガモ 10,ヒドリガモ 11,ミコアイサ 12,カワアイサ 13,トビ 14,ノスリ 15,チュウヒ 16,チョウゲンボウ 17,タシギ 18,ユリカモメ 19,キジバト 20,コミミズク 21,ハクセキレイ 22,セグロセキレイ 23,ヒヨドリ 24,モズ 25,コゲラ 26,ジョウビタキ 27,ツグミ 28,エナガ 29,シジュウカラ 30,ホオジロ 31,カシラダカ 32,アオジ 33,シメ 34,スズメ 35,ムクドリ 36,カケス 37,コクマルガラス 38,ミヤマガラス 39,ハシボソガラス 40,ハシブトガラス
2009-11-25 [ Wed ]
初めて渡良瀬遊水地に行ってきました。

本当は21日に行くつもりだったけど用事ができて行けなかったので仕方なく22日の始発で行ってきました。

家から遊水地まで直行しようと思ってたけどルート上に越谷があることに気づきハトを探すために一旦下車。
でも、降りたは良いけど道が全然分からないのでとりあえず駅から離れない程度に適当にぶらついてみる。
…10分後……迷った。
駅から離れないつもりがいつのまにやら駅も線路もなくなってた…。ナビで調べた結果、線路から1km位離れた場所にいた。しかも、雨が降ってきた上にいる鳥はスズメとヒヨドリ、ムクドリばっかでドバトさえなかなかいない…。もうこの時点で今日ダメな気しかしません。最終的にはキジバト見てはしゃいでました。ダメダメですね。

結局、越谷では特に成果もなく隣駅まで2時間以上かけてたどり着きそこから渡良瀬へ。なんて無駄な時間を…。

気を取り直して渡良瀬遊水地に到着。遊水地に行く途中でレンタサイクルがあったけど600円をケチって徒歩移動に。
着いた瞬間の感想。
広っ!!!
徒歩を選択したことを少し後悔しつつも中へ。

カンムリカイツブリ
カンムリカイツブリ Podiceps cristatus cristatus
水辺に着いた瞬間に一目で分かりました。なんか僕的にはあんまりいないイメージがあったけど意外といっぱいいて驚きでした。

しばらくカモを見てたけど今日の目的は別にカモじゃないので場所移動。ここにもシラコバトは出るらしいので探してみたけどやっぱりいない。
ドバト1
ドバト2
苦し紛れのドバト撮影。ドバトしっかり撮ったこと無かったし、まぁちょうど良かったです(負け犬の遠吠え)。

なにか見たことの無いカモがいないかと探してみるけどマガモ、カルガモ、ヒドリガモ、ホシハジロだらけ。
水辺はダメかと思いつつも浮島を眺めていると浮島の周りをなんか猛禽が飛んでる…。双眼鏡で覗いてみると本日の目標の一つ、チュウヒでした。
チュウヒ
チュウヒ Circus spilonotus spilonotus
と、遠い…。僕のカメラじゃこれが限界でした。でも初見だからまぁいいです。

次にチュウヒを見て少し気分が良くなったまま葦原地帯へ。
とりあえず鳥を探してみると…まずなかなか見つけられない、そして見つけてもすぐ逃げる…初心者の僕にはじっくり楽しむどころか同定すら難しい状況でした。
とりあえずオオジュリンとカシラダカとベニマシコがいた気がするけど正直微妙。ベニマシコは雄なら速くても分かるんだろうけど雌(らしき鳥)しかいなかったので断定ができない。

軽く絶望しつつも目的の猛禽ポイントへ。着いた時点で遊水地到着からすでに3時間経過。広いなぁ。
そこから猛禽を探してひたすらその場で立ち尽くす。
寒い!!寒すぎる!!死ぬかと思った。体は厚着してたから平気だったけど手が凍える。手袋を持ってこなかったことを猛烈に後悔しつつ1時間経過。全然でねぇ…。
近くにいた鳥屋の人達の話によるといつもより少ないとのことで更に絶望。
それから30分後、鳥屋の人達は全然寒そうに見えないんだが何でだ?現地の人っぽいから慣れてるのか?などとくだらないことを考えてるとやっとこさチュウヒが出てきてくれました。
だけどめっちゃ遠い。写真は絶対ムリなので双眼鏡で覗いているとチュウヒの手前を何かが通過。
そっちを見てみると…ハイイロチュウヒ×3!!しかも3羽とも雄成鳥!!
鳥を見始めた頃からの憧れの鳥の一つなので感動しました。やっぱり遠くて写真は撮れなかったけどまぁいいです。今回はこれで満足しておきましょう。

その後、30分待ってみたけどもう何も出なかったので退却。
帰りは2時間で駅まで行けました。
コミミズクを少し期待してたけどやっぱりダメでした。今度は2月にリベンジかなぁ。

結果
越谷
1,カワウ 2,コサギ 3,カルガモ 4,コガモ 5,セグロカモメ 6,キジバト 7,ドバト 8,ヒヨドリ 9,ハクセキレイ 10,スズメ 11,ムクドリ 12,ハシボソガラス 13,ハシブトガラス

渡良瀬遊水地
1,カイツブリ 2,カンムリカイツブリ 3,カワウ 4,アオサギ 5,マガモ 6,カルガモ 7,ヒドリガモ 8,オナガガモ 9,ホシハジロ 10,トビ 11,ハイイロチュウヒ 12,チュウヒ 13,ドバト 14,ハクセキレイ 15,ヒヨドリ 16,モズ 17,ジョウビタキ 18,ツグミ 19,シジュウカラ 20,ホオジロ 21,カワラヒワ 22,シメ 23,スズメ 24,ハシボソガラス

本当は泊まりのつもりだったけど次の日がレンタサイクルが休みだったために心が折れて1日で帰ってきました…。意志が弱くてごめんなさい…。

 | HOME | 

2017-06

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

黒ねこ時計 くろック D04

プロフィール

TOGU

Author:TOGU
鳥見と糖分摂取を生きがいとするダメ社会人のブログ。

内容は9割方鳥見の記録です(残り1割も生き物ネタ)。

リンクはたいていの場合大歓迎ですが、一応コメントで伝えていただけると嬉しいです。

まぁ、誰も使う人はいないと思われますが一応写真の無断使用無断転載禁止です。
なにか御用の場合はvulpesmustelaアットyahoo.co.jp(アットを@に変えて下さい)まで御連絡下さい。

FC2カウンター

検索フォーム

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -