上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017-06-04 [ Sun ]
 こんにちわ。GWが終わって虚脱感に苛まれる毎日です。

 今回は新年早々渡良瀬遊水地に行って来た時の記事です。

 年末にチフチャフPhylloscopus collybita tristis の情報を見つけて正直見辛いんじゃないかと思いながらも、個人的に割とお気に入りの鳥なのでとりあえず行ってみる。

 現地に着いたらだいたいの場所は分かってるので、とりあえず湖周辺の鳥を見ながら移動。

ジョウビタキ
ジョウビタキ Phoenicurus auroreus auroreus
 オスとメス両方いたけどオスはサービスが悪い。

ヒドリガモ
ヒドリガモ Anas penelope
 逃げ方にやる気を感じないヒドリガモ。こっちがそこそこ近付いたら逃げたけど、のろのろと水に入ってのろのろと岸から離れていきました。

オオバン
オオバン Fulica atra atra
 一転、こちらはやる気のあるオオバンの集団。こちらが足を止めたら近寄ってもないのに一斉に泳ぎ去っていく。別に近寄る気もなかったんだけどね。まぁ警戒心が強いのは大事なことでしょう。

ハジロカイツブリ
ハジロカイツブリ Podiceps nigricollis nigricollis
 岸から近い所にいてちょっと人気者になってたハジロカイツブリ。

カンムリカイツブリ
カンムリカイツブリ Podiceps cristatus cristatus
 初めてカンムリカイツブリを見たのもここだったなぁ。それまで何故かそこそこ珍しい鳥というイメージを持ってたカンムリカイツブリを、ここで初めて割と大量に見て「あっ、カンムリカイツブリってそういう感じなんだ」と思ったのが懐かしいです。

 橋を渡って中の島まで渡ったら、それ以上は詳しい場所は分からないので自力で探す…はずがあっさりと写真を撮ってる集団を発見。初認からまぁまぁ経ってるし、1月2日なので流石にそんなに人もいないだろうから自力で頑張ろうと思ってたのになんか拍子抜け。

チフチャフ1
チフチャフ Phylloscopus collybita tristis
 というわけで今回のお目当て。鳥の図鑑を見てたいていの人がとりあえず一回は引っかかるんじゃないかと思われるチフチャフです。大学生の時にサークルの友達と、チフチャフって名前がいいねって話になって、しばらくチフチャフチフチャフ連呼してたのが懐かしいです。名前の由来が囀りっていうのは有名な所ですが、今回は冬なので当然その囀りは聞けませんでした。

チフチャフ2
 ムシクイの類ってことでもっと出にくいもんかと思って身構えてたけど、結構愛想が良くてかなりの長時間出てくれました。一ヶ所への滞在時間も割と長くて、どんくさい私でも写真を撮ることができました。

チフチャフ3
 良い色合いです。ムシクイだと結構黄色っぽい鳥も多いけど、私としては灰色系、特にチフチャフのほんのり明るめの灰色が好みだったりします。

チフチャフ4
 亜種名はチフチャフだったりシベリアチフチャフだったりしますが、そこら辺は書いてあるブログや本によって違うので、私は日本鳥類目録第7版に倣ってとりあえず亜種チフチャフという名前を使っておこうかなと思います。まぁチフチャフという亜種名は基亜種に使うのが妥当なんじゃないかって気もするのでその内変えるかも。

 チフチャフに満足したら久し振りに猛禽でも探すかということで鷹見台へ。私は正直鷹見台にあんまり良い思い出がないのですが、まぁ今回こそは平気だろうということで。

 過去のトラウマとは裏腹に鷹見台にはあっさり到着。だけどまだ猛禽の出る夕方には早いので、ちょっと葦原でも歩いてみるかと思いその場を移動。これがすべての間違いでした。
 しばらく歩いてそろそろ夕方だからさぁ帰ろうと思い、引き返すもなんか風景が違う。おかしいと思いつつもとりあえず土手まで行ってみるとその違和感は確信へ。どうみても風景が違う。コミミズクAsio flammeus flammeusが2羽飛んでるけど正直それどころじゃない。
 慌てて近くにあった地図を見ると、
地図
 赤線が鷹見台からの行きのルート。で、青線が引き返してからの帰りのルート。
 どうやら見事に道を間違えて、葦原を挟んで反対側の土手に来てしまったらしい。もうこの時点でテンションガタ落ちですよ。こっちからじゃ逆光で猛禽なんかろくに見えないし、今から戻ってももう暗くなってるだろうし。とは言え戻らないことには話にならないので完全にやる気をなくしながらも来た道をなんとか戻る。
 案の定戻った時には結構暗くなってて猛禽とか見れる状態じゃなく、仕方なくまたトラウマを増やしつつ帰る。正直来る度に渡良瀬遊水地に対しての負のイメージが増して行ってる気がします。やっぱり渡良瀬は車じゃなきゃ辛いです。

結果
1,オカヨシガモ 2,ヒドリガモ 3,マガモ 4,カルガモ 5,ハシビロガモ 6,コガモ 7,キンクロハジロ 8,ミコアイサ 9,カイツブリ 10,カンムリカイツブリ 11,ハジロカイツブリ 12,キジバト 13,カワウ 14,アオサギ 15,オオバン 16,セグロカモメ 17,ミサゴ 18,トビ 19,ノスリ 20,コミミズク 21,カワセミ 22,コゲラ 23,モズ 24,ハシボソガラス 25,ハシブトガラス 26,シジュウカラ 27,ヒヨドリ 28,エナガ 29,チフチャフ 30,ムクドリ 31,オオアカハラ 32,ツグミ 33,ジョウビタキ 34,スズメ 35,ハクセキレイ 36,カワラヒワ 37,ベニマシコ 38,ホオジロ 39,カシラダカ 40,アオジ 41,オオジュリン
スポンサーサイト
2017-04-06 [ Thu ]
 昨年末に早戸川林道に行って来ました。狙いは毎回のことだけどクマタカNisaetus nipalensis orientalis 。丹沢湖とかの方が遥かに見やすいんじゃないかって気もするけど、ここはもう「クマタカを初めて見るのは意地でも早戸川」って言う最早自分でもよく分からない意地ですね。

1
マガモ Anas platyrhynchos platyrhynchos
 ここでは湖面にはそこまで期待してないので、水辺はちょろちょろっと眺めるくらい。まぁオシドリAix galericulata くらいはちょっと期待してるんだけど発見ならず。もっと狭い川の方に入ればヤマセミMegaceryle lugubris lugubris とかカワガラスCinclus pallasii pallasii とか探すけど、今回はそっちも不在。カワガラス永らく会えてないです。

2
ベニマシコ Carpodacus sibiricus sanguinolentus
 大学時代に冬にベニマシコを見るためにここに来て、大喜びしてたのが懐かしいです。今だと嬉しさももちろんあるんだけど、ついつい「オオマシコCarpodacus roseus portenkoi じゃないのか…」的な思考が脳裏をよぎってしまいます。まぁそれだけうす汚れたということでしょう(笑)

 ちょこちょこベニマシコとかカヤクグリPrunella rubida に目を取られながらも、クマタカを探すために上を向いて歩いていたけど出てくるのはトビMilvus migrans lineatus ばっか。ここまでクマタカ外してると流石に「トビはトビでいいよね」とか言ってられない心境になってきたりもするのですが、トビに文句垂れてもしょうがないのでひたすら黙ってクマタカを探す。
 正直、諦めムードというか惨敗ムードの中、いつも昼食を食べている橋に近づくと何やら橋の上で上方に向かってカメラを構えてる数名のカメラマンを発見。低い場所を撮ってるならベニマシコあたりの可能性が高いが、ここで上方を撮ってるならきっとクマタカに違いないとの確信の元、即座にダッシュ。接近してカメラの向けられた先を見ると、

3
クマタカ Nisaetus nipalensis orientalis
 やっと、やっと会えました。正直、一番最初の印象は「森の王者」とか言ってるけど、要は「空の王者」イヌワシAquila chrysaetos japonica の劣化版みたいなもんでしょとか言うイメージだったのですが、そんな無礼な考えのせいか、何回宮ケ瀬に行っても見れず、7年経ってやっとこさ会えました。ちなみに私が住んでいる千葉県は、沖縄以外で唯一クマタカの記録がない県であるため、現在では劣化版どころか神聖視に近いものがあったりします(笑)

4
 最初は木の上に留まってて馬鹿みたいに見辛かったけど、一旦飛び立って山の後ろに消えたと思ったら、出てきてソアリングを始めたので、ゆっくり見れました。まぁ段々上に昇って行っちゃうからどんどん小さくはなっていくわけだけど…。
 本当は留まってる時に、「角鷹」の名前の由来になったという説もある冠羽を見ておきたかったんだけど、流石にそこまでの運はなかった模様。でも、代わりに同じくクマタカの大きな特徴となる、幅広で、相対的に短い翼は見ることが出来たのでまぁ良いでしょう。この翼のおかげで長い翼を持ち、開けた場所での狩りに適したイヌワシとは違い、森林内を飛翔して獲物を探すことが出来るわけです。

 まぁそうは言っても日本のイヌワシもイヌワシの生息環境としてはだいぶ特異な場所に住んでるわけですが。イヌワシには現在、日本に生息する最小の亜種イヌワシA. c. japonica を含めて6亜種が確認されてますが、亜種イヌワシ以外の亜種は基本的に草原等の開けた環境に棲息していて、日本のような森に覆われた環境に棲息していることはだいぶ珍しいようです。
 そんな生息環境もあってか亜種イヌワシは元々イヌワシの亜種の中では最も個体数が少ないわけですが、現在は伐採地等の人為的に開かれた土地が減っていて、亜種イヌワシにとって更に厳しい環境となってきているようです。

 とうとうクマタカに出会えて、正直今日やることはやり遂げた感が凄かったので、昼ご飯食べて帰ることに。本当はこの後川沿いでカワガラスを探そうかとも思ったんだけど、それで見つからないでテンション下がるよりは今日は気分良く帰りたかったのでおとなしく帰還。

 バスまで時間があったから、バス停周辺でちょろちょろっと鳥見。

5
カワセミ Alcedo atthis bengalensis
 親子連れが芝生で休んでる脇で、じりじりとにじり寄って撮影したカワセミ。不審者の誹りは謹んでお受けしようと思います(笑)

6
カルガモ Anas zonorhyncha
 カモは池の半面がキンクロハジロAythya fuligula で半面がカルガモの支配域と言った感じ。で、たまにホシハジロAythya ferina

7
イソシギ Actitis hypoleucos

8
 来たらとりあえず買ってる豚汁。特に絶対買わねばってこともないんだけど、林道から戻ったらとりあえず買うってのがなんかもう一連の流れになってる模様。

 豚汁飲んでダラダラしてたらバスが来たので人里へと帰還。

結果
1,マガモ 2,カルガモ 3,ホシハジロ 4,キンクロハジロ 5,キジバト 6,カワウ 7,アオサギ 8,オオバン 9,イソシギ 10,トビ 11,クマタカ 12,カワセミ 13,コゲラ 14,アカゲラ 15,ハシボソガラス 16,ヤマガラ 17,シジュウカラ 18,ヒヨドリ 19,エナガ 20,メジロ 21,ガビチョウ 22,シロハラ 23,ルリビタキ 24,ジョウビタキ 25,カヤクグリ 26,ハクセキレイ 27,セグロセキレイ 28,カワラヒワ 29,マヒワ 30,ベニマシコ 31,アカウソ 32,ホオジロ 33,アオジ
2017-02-28 [ Tue ]
 こんにちは。今回はあまり間を置かずに記事が書けてほっとしています。毎回こうならいいんですけどね。どうにもブログを無性に書きたい時とそうじゃない時の落差が激しくて(笑)

 ここのところ珍鳥狙いが多くて、たまには何の情報もない場所で普通種をゆったり探したいという欲求を抑えきれなくなったので、10月後半に水元公園に行って来ました。
 この頃あたりから自分の鳥屋としての在り方、というか自分が本当に生き物屋なのかってことに疑問が湧いたりしてるので、こういう風に普通の鳥見がしたいと思える自分になんだか安心しました。生き物への関わり方なんてのは自由だけど、やっぱり少数派なんてのはいるわけで、そういう少数派は度々多数派からの無自覚(自覚している場合も多々あり)な蔑みを受けることも多いのです。それをものともしないほど心が強ければ何の問題もないんですけどね。なかなかそうもいかないもんで。まぁでも自分も加害者側に立っているパターンなんて山ほどあるんだろうから、あんまり人のことは言えないですね。

 大きい公園なんでネットで探せば珍鳥じゃなくても探鳥情報とか出てくるんだけど、今回はそういうのが目的じゃないので事前の下調べはなし。

1
ハクセキレイ Motacilla alba lugens
 珍鳥狙いだと時間短縮のためにスルーしがちなド普通種をダラダラ眺めてみる。ハクセキレイはやっぱり警戒心薄め。一応、ある程度近付くと飛ぶんだけど、こっちの進行方向に飛ぶから私がハクセキレイを追い回してるように見えて良くない。

3
アオサギ Ardea cinerea jouyi
 釣り人のバケツにこそこそ近付いてたアオサギ。釣り人が視線を向けると、止まって興味ないですよと言う雰囲気を出しつつ、その辺をウロウロしてました。まぁ最終的には普通に近付いて釣り人から魚もらってたけど。

4
 林に入ったら木の上からなんかぶら下がってた。幼虫の類は知識もなければ興味もほとんどないから分からないけど、クロオビシロフタオOroplema plagifera かなんかですかね?

 林の中を歩いているとカラ類の声がしたので追ってみるとシジュウカラParus minor minor 、ヤマガラPoecile varius varius 、メジロZosterops japonicus japonicus 、エナガの混群に遭遇。眺めてるとなんだか違和感のあるエナガが。
5
エナガ Aegithalos caudatus trivirgatus
 眉斑がなくてなんだか亜種シマエナガA. c. japonicus みたいな個体。最初見た時は思わずシマエナガかと思ったけど、よく見るとうっすらとだけど黒い眉斑があるのでやっぱりシマエナガではないっぽい。
 そういえば前に書いたか書いてないか覚えてないんだけど、亜種シマエナガってIOCだと亜種コウライシマエナガA. c. caudatus のシノニム扱いなんですけど、Wikipedia見たらそっちでもシノニム扱いになってて驚きました。そのおかげか亜種シマエナガを亜種コウライシマエナガのシノニム扱いしてるサイトが出てくる出てくる。私としては形態的にある程度差があるみたいな報告書を見つけたのでとりあえず今回の学名はジャポニクスで書いてるけど、詳しく書いた論文なんかはまだ見つけられてないので、探していくと共にシノニムとして書いてる方々にその理由を是非詳しくご教示頂きたいところです。

9
オオタカ Accipiter gentilis fujiyamae
 数人の鳥屋が何かを待ってるので、近寄ってみるとオオタカがよく出るらしい。ここ最近オオタカを見てないので一緒になって待ってると割とすぐに出てくれました。まぁ私のカメラには少々遠いけど…。

6
ヒメクダマキモドキ Phaulula macilenta
 サトクダマキモドキHolochlora japonica と似てるけどたぶん。翅脈に違いがあるようです。

7
ヒドリガモ Anas penelope
 すぐ脇のカワセミの里にはそこそこ人がいるのに、まったく見向きもされない。まぁ鳥的には見向きもされない方がありがたいんだろうけど。

8
カワセミ Alcedo atthis bengalensis
 最後にカワセミの里でちょろっとカワセミを見て終わり。

 というか人が少ないっていいですね。珍鳥は人だらけなので。私もその中の一人ですが。別に見たこともない鳥を見てみたいって気持ちを持っている人なんてのは山ほどいるので、まぁその辺は割り切って行かないとやっていけない所です。それを割り切れない一部の人達が「ネットで情報見て来る奴ら何なの」とか「ネット情報探し回ってる奴らは害悪」とか言い出すわけです。

 どうも一部の鳥屋の間には「ネットで情報を得るのは悪」みたいな考えを持ってる人がいるみたいだけど、それを言ってる人達の大半は知人とかから情報をもらって珍鳥見に行ってるわけです。この、「知人から聞くのは良いけど、ネットで探すのは悪」とか「知り合い連中に回すのは良いけど、ネットに載せるのは悪」みたいな風潮なんなんでしょうね。ぼっち排除の一環でしょうかね。
 積極的に広めようとは言わないけど、結局知り合いに広めれば、今度はその知り合いが他の人に広めてネズミ講で増えるんだからやってることは五十歩百歩以外の何物でもないわけですよ。せめて第一発見者の場合を除いて、一切珍鳥は追わないって決めてから言って欲しいです。そうすれば自分が従うかはともかく、立派な鳥屋の意見として素直に受け止められるんですけどね。


結果
1,カルガモ 2,ヒドリガモ 3,ホシハジロ 4,キンクロハジロ 5,カイツブリ 6,ハジロカイツブリ 7,ドバト 8,キジバト 9,カワウ 10,アオサギ 11,チュウダイサギ 12,オオバン 13,ユリカモメ 14,オオタカ 15,カワセミ 16,コゲラ 17,モズ 18,オナガ 19,ハシボソガラス 20,ハシブトガラス 21,ヤマガラ 22,シジュウカラ 23,ヒヨドリ 24,エナガ 25,ムクドリ 26,スズメ 27,ハクセキレイ
2017-02-15 [ Wed ]
 お久し振りです。相変わらず季節感などと言う些細な問題には囚われずに書いていきます。

 5月に久し振りにメリケンキアシシギを探しに行って来ました。だいぶ前に習志野に探しに行って思いっきり外してからは、時期が多少シビアな鳥なので休みが合わなかったりで行けてなかったけど、今年はちょうど飛来時期と休みがかぶったので、今回は浦安の海岸へ行って来ました。

 浦安に出てるってのは聞いてたんだけども詳しい場所までは知らないから、どうせ広くないしってことで端からローラー作戦。とりあえずひたすら歩いて他の鳥も見つつ、キアシシギ系の鳥を探す。

1キアシシギ
キアシシギ Tringa brevipes
 早速いた。無印キアシシギ。前の習志野はひたすら無印キアシシギだらけだったけど今回は同じじゃないことを祈るのみです。

2トウネン
トウネン Calidris ruficollis
 せっかく来てキアシシギだけ見てるってのももったいない話なので、それ以外のシギチも見ながら探す。でも、こういうことやってると時間を取られて、目的の鳥の所に着くのが遅くなるからほどほどに。最悪、その間にいなくなってるってことまで有り得るので。

3コチドリ
コチドリ Charadrius dubius
 チドリはコチドリくらい。

4ハジロカイツブリ
ハジロカイツブリ Podiceps nigricollis nigricollis
 写真悪くて申し訳ないけど、この時期だとやっぱり夏羽が多くていいですね。冬羽も好きだけど、やっぱり鮮やかな飾り羽のある夏羽の方が、こちらとしてもテンション上がってきます。

6キアシシギ
 キアシシギとメリケンキアシシギの識別だと嘴や下面を見ないときついから、この状態だと正直辛い。一応、他にも違いはあるけどそこら辺は個体差とかが結構あるみたいなので識別する上での一要素くらいにはなっても決め手にはならんのです。なので、こういう状態の場合は起きるまでひたすら待ち。まぁこの日はこういう個体はそれほど多くなくて、みんな積極的に採餌中だったのでまだ楽でした。
 ちなみに、伊豆沼でマガンAnser albifrons albifrons の中からカリガネA. erythropus を探してる時に、こういう状態の集団に出会うと本当に泣きたくなります。まぁ一応カリガネの方がサイズが小さくて、集団の外側に追い出されてることが多いっていうヒントはあるんですけどね、やっぱり顔を上げてくれるまでは決めきれないのです。
 
9キアシシギ
 無印キアシシギ。まぁキアシシギ自体は割と好きなんですけどね。少なくとも信号機とか言うなんだかマヌケなくくりをされてる3種の中では一番好きです。とか言いつつ気分次第でアカアシシギTringa totanus ussuriensis と順位逆転したりするけど(笑)

 結構歩いたけどやっぱりキアシシギのみ。こりゃ夢の国にでも逃げ込んだかな?とか思ってると前に10人くらいのカメラマンの集団が。
10キアシシギ&メリケンキアシシギ
メリケンキアシシギ Tringa incana とキアシシギ
 手前はキアシシギで奥がメリケンキアシシギ。鳥の識別において色の濃淡って正直そこまで当てにしてないんだけど、メリケンキアシシギは結構パッと見でもキアシシギより背中の濃いのが目立つ印象。
 と言うかカメラマンのキアシシギどっか行けの雰囲気がやばい。この方がキアシシギとの違いが分かり易くていいのに。

11メリケンキアシシギ
 キアシシギが空気を読んで、と言うかカメラマンから放たれる殺気にいたたまれなくなったのかその場を離れたので、これで殺気も収まると思ったら今度はカメラマン同士での牽制開始。まぁ珍鳥とかが出て人が集まった時には割とよくあることで、お互い牽制しあってその距離よりは近付かないみたいなラインを作り出すわけですね。これを無視するものにはたちまち罵声が雨霰と降り注ぐわけです。まぁ鳥屋間でのマナーというか常識みたいなものです。ちなみに私のような三脚を使用しない手持ち人間は、しれっと最前列より一歩くらい前に出てもしゃがみさえすれば何も言われません。

 それにしてもこのメリケンキアシシギ動かない。相方(?)のキアシシギが動いても目を開けるだけで動く気配がない。こうなってくると観察するにしても、撮るにしても若干ダレてくる。で、どうしよっかなぁとか考えてると、突然飛んできたハマシギの群れに驚いていきなり飛んで行っちゃいました。

12ハマシギ
ハマシギ Calidris alpina sakhalina
 防波堤の上をちょくちょく飛び交ってるハマシギ。こういうことすると珍鳥狙いのカメラマンからヒール扱いされて罵声を浴びせられたりするのでちょっと心配だったけど、この日集まってた人の中にはそういう人種はいなかったらしく、みんな今度はハマシギ撮影に移ってました。

13ミユビシギ
ミユビシギ Calidris alba alba
 ハマシギだらけかと思ったら、一番後ろからミユビシギが一羽ついてきた。冬羽ならそんな目立たないけど、夏羽のせいでやたら目立ってます。でも、この浮きっぷりもなかなか可愛らしいです。

14キョウジョシギ
キョウジョシギ Arenaria interpres interpres
 気付いたら目の前にキョウジョシギが落ちてた。

15キョウジョシギ
 人が集まって来たらやれやれと言った感じで立ち上がり、のそのそと消波ブロックの陰に消えていきました。やる気ないです。

16メリケンキアシシギ
 ハマシギやキョウジョシギ見ながら、他の人達と話してたら再度メリケンキアシシギ発見。

17メリケンキアシシギ
 今度は立ち姿も拝めました。キアシシギと比べると跗蹠後面の模様にも違いがあるみたいだけど、正直見えない。キアシシギは梯子状でメリケンキアシシギは網目状らしいですよ。
 ちなみに今更だけどキアシシギとの識別点としては、有名な下面の横縞模様の広さの他に鼻溝の長さ等が挙げられます。キアシシギは鼻溝が鼻孔から嘴の半分くらいまでで、メリケンキアシシギは3分の2くらい。これも距離によっては見辛いっちゃ見辛いけど、横縞だけだと個体差もあったりで段々訳分かんなくなってきたリするから見てみるといいんじゃないかと思います。識別するならなるべく多くの識別点を見ておくに越したことはないので。今後、紛らわしい個体が出た時にも使えますしね。

この後、メリケンキアシシギはまた飛んじゃったけど、私は午後から予定があったので退散。

結果
1,スズガモ 2,ハジロカイツブリ 3,ドバト 4,カワウ 5,オオバン 6,コチドリ 7,キアシシギ 8,メリケンキアシシギ 9,イソシギ 10,キョウジョシギ 11,ミユビシギ 12,トウネン 13,ハマシギ 14,ウミネコ 15,コアジサシ 16,アジサシ 17,ツバメ 18,ムクドリ 19,スズメ 20カワラヒワ
2017-01-01 [ Sun ]
スズメ
スズメ

あけましておめでとうございます。今年も当ブログをよろしくお願いします。
酉年ということで写真は選び放題なんで、珍鳥でも何でも良いんですが初心に戻って日本のザ・鳥(個人の感想です)スズメで。

今年はもうちょっとブログ更新します!と一応言っておきます。やるやる詐欺になっても責任は負いません(笑)

 | HOME |  »

2017-07

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

黒ねこ時計 くろック D04

プロフィール

TOGU

Author:TOGU
鳥見と糖分摂取を生きがいとするダメ社会人のブログ。

内容は9割方鳥見の記録です(残り1割も生き物ネタ)。

リンクはたいていの場合大歓迎ですが、一応コメントで伝えていただけると嬉しいです。

まぁ、誰も使う人はいないと思われますが一応写真の無断使用無断転載禁止です。
なにか御用の場合はvulpesmustelaアットyahoo.co.jp(アットを@に変えて下さい)まで御連絡下さい。

FC2カウンター

検索フォーム

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。